先日、親戚の女性が乳がん検診で精密検査要となったんですね。

実は、私も数年前に乳がん検診でひっかかって、
MRI検査と針で細胞を摂取する検査をしたことがあります。

私の場合、日帰り検査だったのですが、彼女の場合は1泊2日での
精密検査だったんです。

私の時の検査費用は覚えていないのですが、彼女の場合5万ほどかかったと
言っていました。

かなりの金額ですよね?


それで、生命保険はもらえたの?と聞くと、一泊からの入院費用が出る
保険だったため、1泊2日の入院費用と婦人病に対する保険特約を付けていたため
約2万ほどの保険給付額があったそうです。

乳がん精密検査の費用には全然足りませんが、ないよりかはずっといいですよね?
突然の出費だったので、助かったと言ってましたよ。


私も、かんぽ生命とコープ共済保険に掛けていますが、やっぱり婦人病に対する
特約は付けています。
(かんぽ生命が主な生命保険で、掛金の安いコープ共済で保証を補う形です)

というのも、子宮筋腫があるので、けっこう不安があります。
保険を掛けているからって、不安の解消にはならないのですが、
万が一の入院と手術の時も保険が出るとなんだか勇気づけられそうな気がします(笑)。
でも、閉経まで子宮を切らずに過ごしたいって思ってるんですけどね!

婦人科のお医者さんが言ってましたが、50代になるとほとんどの女性の
子宮には筋腫ができているそうですよ。
(といって、子宮筋腫が見つかったときに慰められました・・^^;)


そうそう・・その乳がんの精密検査を受けた彼女ですが、大丈夫だったそうです。

はっきりした数字は覚えていませんが、精密検査要となった方の90%前後は
精密検査の結果、がんではないそうです。
婦人科の病院の壁に張り紙が貼ってあり、精密検査の時に勇気づけられたのを覚えています。

40代になると、いろんな病気にかかりやすくなるようです。
万が一の時の保険と蓄えはある程度必要だな~って改めて思ったことでした^^


関連記事
スポンサーリンク