この前、ゆうちょ銀行からまた、お知らせが届いていました。

今回は、郵便局(以前の簡保)保険満期のお知らせです。

主人の名前で、記憶にない、半端な保険金額です。
270万円の満期保険。

こんな保険、主人にかけたっけな?と思いつつも
保険証書を探してみました。


すると・・


ありました!


郵便局(昔のかんぽ生命)の学資保険だったんです!!

すっかり忘れていて、頭から消え去っていました(笑)


こどもが生まれるとすぐに、知り合いのゆうちょ(その頃は、郵便局で
かんぽといってましたね)銀行の方が
みえて、すぐに契約したのを覚えています。

その当時は、私も若くて、学資保険は返戻率や配当も
よいとは聞いていたけど、よくは分かりません。

なので、ゆうちょの方がいうがままの契約です。

300万の学資保険で、18歳満期、15歳で30万円一時金をもらうタイプです。

そのときは、18年なんて、先の先って思っていて、想像もできなかったけど
過ぎればあっという間ですね(笑)


そのゆうちょ学資保険ですが、今現在の金利状況を考えると
夢みたいな金額が戻ってくるようです。

もちろん、100%以上戻ってきます。

私は、途中で、ゆうちょ学資保険の掛金を一括で払っているので
もっと利率が良くなってるはずです。

すっかり忘れていただけに、子供が大学に行く資金が
確保できて、すごく嬉しいです。

払っている当時は、先が長くて苦しい時もあったけど
(特に、子供がまだ小さいときは収入も少なかったんです)
今となっては、がんばって入って続けていてよかったな~って思います。


学資保険のおすすめは、もちろん元本割れしないものですよね。
(ゆうちょの学資保険は最近はあまりよくないみたいです・・)

人気のある学資保険では、フコク生命とかアフラックとかが満期で
110%以上の返戻率です。

子供が成長して、まとまったお金が必要なときに
準備ができているよう、こういった保険は賢く利用したいです。

フコク生命やアフラックのこども保険(学資保険)の比較をしてみるとよいですね。


関連記事
スポンサーリンク