柳原可奈子さんの演じるキャラ「セクシー恋愛コンサルタント うみざきなな」って知ってますか?

私は昨夜、爆笑キャラパレードで初めて見て、目が釘付けになりました。あの胸あのお尻、プリプリ感(笑)。

柳原可奈子さんの観察力とか洞察力って、素晴らしいですよね。女性から見ても嫌味のない可愛らしさも好感持てます。

恋愛コンサルタントっていうからには、男性を射止める仕草や話し方、といったことをコントにしてるのですが、中でもこれ使える!と思ったのが、『セクシーさしすせそ』。
PR
半額


セクシーさしすせそって、何かというと・・

さ…さすがー
し…知らなかったぁ
す…スゴーイ
せ…センスいい!
そ…そうなんだぁ



といった感じ。これを使ってコントの中で、うみざきななさんが男性と会話をするのですが、まあ当然不自然で笑えます。それでも男性は、悪い気はしないはず。


で、思ったのですが、『セクシーさしすせそ』って、彼氏はもちろん、長年連れ添ってる古い化石のような旦那にも十分に使えますよね。

男の人って根は単純で素直なので、こういった相槌を打たれることで、いい気分になるようですよ。

(たまに、「へ~すごいね!」って言ってみるだけでも、どんどん話し出しますから、、笑)

ダンナとの会話が面倒なときは、「セクシーさしすせそ」を適当に言っておけば夫婦げんかにもならずに済みそう(笑)。


というか、私たちだってそうですよね。「そんなの知ってるよ」と言われるよりも、「知らなかった!」と言われた方が鼻が高くなってしまうし、「さすがー」とか「すごい」とか「センスいいね」なんて、お世辞とわかりつつも、つい嬉しくなってしまいます。


「そうなんだあ」っていう相槌も便利です。人は否定されることを嫌います。私も「そうかな?」とか「違うんじゃない?」みたいに言われると、ついムキになって反論してしまいがちです。(^_^;)


ん?「ちょっと違うかも?」って思っても、それは話す人の考えであって、自分と違うこともありますよね。

そんな時は「そうなんだぁ」と言う言葉を使うとお互いに気分を害すること無く会話も弾みます。
いちいち会話する内容に関して判断しないことは、自分の思考がガヤガヤうるさくならないステキな手段でもありますからね。


柳原可奈子さんの『セクシーさしすせそ』。
まずは旦那で使い慣れして、会社の人やお姑さんや小姑、親戚のおばちゃん、婦人会のおばさま方などなど(つまりは苦手な人間たち?)に、すらすらと上手に使えるよう練習していけば、世渡り上手になれそうです(笑)。

あ、20代の息子にもこれ使えるな( ´艸`)♪
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None