お昼のお供、「ひるおび!」ですが、今日は「この夏、節電による犯罪に対する防犯対策」
の特集でしたね。

今年は、節電のために街灯が付いていない道路もあるそうです。
これからの夏も節電で、夜、明かりがない生活があるかもしれません。

そんな時のためにも、すぐに実行できる防犯対策を紹介していたので
ここに書き留めておきますね。

「ひるおび!」を見逃した方は参考になさってください。


まずは、ひったくりの防犯対策です。

イヤホンや携帯を使用しながら歩くのはやめましょう。

バッグは、道路側ではなく、建物側の手で持ちましょう。

ひったくり犯は、女性のバッグを狙っています。
(バッグには必ず財布が入っていると思っているため)
バッグを紙袋などに入れて、女性のバッグが見えないように
するといいです。

次に、防犯グッズの利用です。
防犯ブザーにひもを付け、バッグに入れて、自分が防犯ブザーのひもを握っておきます。
もし、バッグを取られたときには、ひもを引っ張り、防犯ブザーが鳴れば
犯人がバッグを捨てて逃げる可能性があります。

防犯ブザー、楽天で探してみたら、けっこうかわいいのありますね。



ひったくり犯は、真っ暗よりも薄暗い道のほうを好みます。
なので、薄暗いところも用心です。

自転車に乗って、バッグをかごに入れる場合は、
かごに入れたバッグの上に、雑誌や新聞を載せておくと
ひったくりをされにくいそうですよ。


次に、夏になると節電のために家の窓を開けて涼みたい
思うこともありますよね?

でも、やっぱり危険ですね。

というわけで、家の窓の防犯対策として、『窓の補助錠』
が今年は人気でよく売れているようです。

レールに留め具を取り付けるだけで、手軽に使えます。

いろんな種類の補助錠が通販でも手に入ります。(楽天)


あと、窓の外に防犯のために砂利を敷くというのもよいな、と思いました。
人が通ると足音がするので、泥棒も歩きにくいですよね。

どれも、ちょっと準備したり、気をつけたりすれば
できることばかりですね。

ぜひ、これからの毎日の生活に取り入れて、上手に節電、
そして防犯を行い、楽しい夏にしたいですね。

関連記事
スポンサーリンク