うちのダンナはめちゃ細かいし、しつこいです。もうずーっと「ボイラーのスイッチを消し忘れているよ。」と毎度注意されています。

お風呂に入るときにつけた、ボイラーのスイッチです。お風呂から上がって、何かと忙しいので、消し忘れるのです。

昔、節約のために、私がいつも息子やダンナを注意していた腹いせかな・・とふと思うのです。(息子は確かに注意してたけど、ダンナを注意していたかどうかは、覚えてさえいませんが・・)
PR
半額

昔は、仕事以外は、一日中家時生活だったので、しょっちゅう台所とリビングを行ったり来たりしていて、ボイラーのスイッチが入っているとすぐ目に入ったものです。

でも、今の私は、家事はそこそこで、お風呂あがりは自分のしたいことに夢中で、ボイラーのスイッチ消すことなんて、眼中にありません。節約なんてなんのその(笑)。


気をつけようとは思うのですが、すぐ忘れている自分がボケな気がして悲しいです。注意されるのが嫌いなので、すごいムカつきます。

でも、私が悪いのは認めざる負えない。でも、気をつけても無理だし。どうしよう?と思い、半分嫌がらせ(だと思う)ボイラーのスイッチを洗面所に付け替えるようにダンナにメールしました。話すよりメールのほうが気がケンカになりにくいです。

メールした後に、実家の洗面所に大きな文字で「水道の水をとめる」と書かれた紙が置いてあったのを思い出しました。

多分、父が水道の水を出しっぱなしにしてるので、母が書いたのだと思います。いえ、父はボケているわけではないのですが、80歳超えてるし、お酒を飲んだときなのかな~と、気にもしていなかったのですが。まさか、自分も同じようなことになるなんて・・(-_-;)


そこで、これも半分嫌がらせで、大きな赤字で「ボイラーのスイッチを切る」と書いて貼ることにしました。

節約

お風呂あがりは必ず、ドライヤーを洗面所で使うので、これならボイラーのスイッチを消すなと思ったからです。で、ダンナの目にも入るので、「どうよ、こんなにがんばってるよ!」と主張。

はい、これでそのあとしっかり、ボイラーのスイッチの消し忘れはなくなったようです。まだ数日ですが。


でも、まだ私の腹の虫はおさまらず、いろいろ考えたすえに、ダンナよりも先にお風呂にはいることにしました。

うちは、最後にお風呂に入った人がお風呂掃除してあがることになっているのです。というのも、私が考えて決めたことですが・・(^_^;)

でも、いつも私が最後にお風呂に入って、風呂掃除していたんですね。ダンナのためというわけでもなく、自分の都合ですが・・。


それを、何が何でも、先にお風呂にはいることにしました。ダンナのスケジュールは決まっていて、夕飯がすんだら必ず外出します。その間にお風呂に入ってしまうのです。


あれから数日。私はやりたいこと我慢して、さっさとお風呂に入るようにしました。ダンナは、ちゃんとお風呂掃除しているようです。多分。いや、怪しいので、結局は翌日、お風呂のお湯入れる前に、風呂掃除する私なのですが・・。

それでも、私の腹の虫は、おさまったみたいです。

昔なら、ヒステリー出してギャーギャーケンカになってただろうけど。大人になったな~と。でも、内面はあまり成長していない気もしないでもないんですけど。

節約のためなんてことないけど、おかげで、私のお風呂に入る時間がすごく早くなって、沸かし直しがなくなってます。結果、節約になってるみたいです。。

関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None