お金が貯まらなかったときのことを思い出してみると
ひんぱんに、お金が必要になったときにキャッシュカードで
引き出していたように思います。

そのときは、手元に、ひと月の生活費をおかずに
お財布に2,3万入れて、お財布の中身がなくなってきたら
銀行でおろす
、といったことを繰り返していました。

それって、銀行からお金をおろす際に残高がわかるので
まだ残高があるから大丈夫、なんて変に安心したりするんですよね。


で、結果、次のお給料日には通帳残高はほとんどない、なんて
ことになってました。。


これをやめて、手元にひと月分の生活費(水道光熱費などの
固定費をのぞいたもの)をおいて、それ以上は銀行口座から
引き出さない!と決めてから、お金が通帳にすこしずつ
貯まるようになりました。


今までは、通帳残が基準だったのに対して、手元の生活費残が
基準になったんですね。



そして、次のお給料日に手元に残ったお金は、銀行口座へ
入金します。


この残金が大きくなったら、定期預金にして、普通口座から
はずして見えないようにしておきましょう。


ちょこちょこと、この残高が目に入ると、今度は貯めたお金を
使ってみたくなるもんなんですよね(笑)

関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ