夏のボーナスの時期がやってきましたね。あなたは、どんな風にボーナス使うか決まりましたか?

今年は去年2014年の夏のボーナスと比べて、1.7%の伸びだそうで、好景気なんだそうです。といっても、私の周りにはあまり好景気を伺わせる様子もないのですが・・。

ところで、夏のボーナス。有効に使いたいものですよね。オススメの「目的別ボーナスの賢い貯め方使い方」は?
PR
半額





目的別にボーナスを賢く使う・貯める方法



【オススメ目的別割合】

貯金40%
消費20%
自己投資20%
金融商品への投資20%


■貯金

ボーナス時期には、金融機関にいくと金利がアップされた定期貯金キャンペーンも多くありますよね。それを利用するのもひとつの手。最近は、上乗せといっても金利はたいしたことないので、定期貯金したときにもらえる「おまけ」みたいなものが欲しい金融機関を選ぶようにしています。それでもないときは、「ラップだけたくさんください!」とお願いしてみたり・・(笑)。


■消費

ボーナスをもらうとついつい太っ腹になって「自分へのご褒美」を優先したくなります。20%と決めてから自分へのご褒美になる物を考えると買いすぎ使いすぎにならずによいですよね。


■自己投資

最近、とくに女性にもオススメと話題の自己投資。自己投資でスキルアップしたり資格を習得するといったことで、収入を増やすことも可能ですよね。副業本なんかも多く出回っているせいか、副業をされる方も多いようです。

自己投資は、勉強にもなり自分の自信にもつながったりとメリットがいくつもあります。ただし注意点として、高価な本や教材を買っても買っただけで何もしなかったということにならないよう気をつけたいものです。そうなると、自己投資のつもりが、ただの「浪費」になってしまいますからね。



■金融商品への投資

私たち50代ともなると、老後の不安もあるので資産運用として金融商品に投資してみる方も多いのではないでしょうか?

でも、投資には、必ずリスクがあるのを忘れずに。金融機関は、良いことばかりをお話する傾向が多いし、つい夢を見てしまいがちに。金融商品を購入するかどうかを決めるのは自分で、結果良くても悪くても自分の責任です。

投資後も、継続して勉強や経験を積み重ねることが大切。投資をして終わりではないし、金融機関の人をあてにして入るのは危険です。

実際に私も若いころ失敗していて、私の実家の父が証券会社の推めるままに投資商品を購入し、多額の損失となっています。私が止めるにも説得するだけの知識もなく、諦め半分見守っているだけですが・・。

継続した勉強や情報収集する自信がないのなら、お金は定期貯金にすべきではないでしょうか?


【ボーナスが支給されなくても大丈夫な家計を目指す】



ボーナスをもらったら、すべて貯金すればいいとは思いませんが、ボーナスを当てにしての贅沢品の購入は「消費」の20%に抑える。ボーナスの支給を当てにしてのローンを組んだり、カード支払いでの購入も控えるべきだと思っています。ローンやカードって使うと便利で簡単なので癖になって、最初はドキドキしてても、次第に大胆に次々と使ってしまう人いますから。

我が家は、10年ぐらい前からボーナスの支給はありません。昔、ボーナスが支給されていたころが懐かしいです。ボーナスが出なくなった当初は淋しかったけど、今では平気になりました。

ボーナスがあったらすっごい嬉しいだろうけど、なくても困らない家計が作れていると思っています。


ボーナスがあった当時は、ボーナスが出たからといって特別な買い物や旅行ってしませんでした。ほぼ定期預金にしたり、昔は利回りの良かった養老保険の一時払いに入ったりしていましたよ。それで、住宅ローンも3年ぐらいで完済することができたんだと思います。


ボーナス出ないのに慣れたと思っても、、テレビでボーナスの話題が出てると、やっぱり羨ましいかな^^;

↓あなたの興味あることって何ですか?
↓「4つの夏の節約術」楽しんでもらえたら、あなたのお気に召すカテをクリックしてね^^
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None