4月9日に放送されたNHK「所さん!大変ですよ」をたまたま見ていました。


バブル期に建てたれた苗場のリゾートマンションだそうで、当時は2500万円ほどしたマンション価格がバブルがはじけてから値崩れし、今では、10万~50万円程度の激安価格なんだそうです。

いろんな事情をもった人がネットで激安価格になったマンションのことを知り、よそから新潟県湯沢町の苗場リゾートマンションを購入して移住しているようですね。


その中でも私の関心を引いたのが、60代の主婦の方
PR
半額



お顔は隠してあったのですが、リポーターさんいわく「とても明るい女性」。


その60代の主婦の方は、他県から一人でこの苗場リゾートマンションに移住して来られたそうです。

その女性はスーパーで買ってきたかつお節パックを手にして、「かつお節を毎日削らなくちゃいけなかったんです。主人がそれでないとダメだっていうもんですからね。もう、それは大変なんですよ。かつお節を毎日削るって。
主人は命令する人。私は命令される人。そう、主人は言っていました。」と、笑いながらお話されていました。


つまり、この60代の女性は、ご主人との結婚生活が嫌で、数年前に『熟年別居』を決行なさったんですね。

2人のお子さんが社会人になったのを機に、熟年別居を決心されたそうです。ネットで激安苗場リゾートマンションを知り、息子さんにマンションを購入してもらったそうです(たしか、50万円ほどだったと言ってた記憶です)。

ご主人は会社経営者ということでしたが、奥さんはへそくりしてなかったんでしょうかね?

今は、それはそれは楽で楽しい様子で、ケラケラ笑ってらっしゃいました。一人の生活は淋しいのでは?と心配もしたけど、全然淋しくなく毎日快適なんだそうです。性格も明るくなられたんだとか。

ご主人からはよく電話がくるんだそうですよ。でも、奥さんから電話することはないそうです。また、ご主人が「遊びに行く」と言っても奥さんは「無理しなくていいです、って言うんです」と、笑ってらっしゃいました。

ちなみに、この方の生活費は、すべて別居中のご主人の仕送りなんだそうです。やっぱりへそくり貯金なんてしてなかったみたいですね^^;


きっと、長年の結婚生活で奥さんはご主人につくしてらっしゃったから、ご主人は恨むどころか奥様に逢いたいし、淋しいんでしょうね。

でも、奥さんは今の生活を満喫されているようで、まったくご主人に逢いたい様子ではありませんでした。


「所さん!大変ですよ」に出演されてたマーケティング評論家の牛窪 恵(うしくぼ めぐみ)さんがおっしゃるには、最近こういった『熟年別居』が多いんだそうですね。


弁護士さんなんかに相談しても、熟年別居をお勧めされるとか。

その理由は、離婚すると財産分与や年金受給といったことで、不利になるケースが多いからだそうです。

私の知り合いの60代の方で、熟年別居されている方がいらっしゃるんですね。住んでる場所は、スープの冷めない距離です。別に仲が悪い様子ではないようです。用事があれば、お互いに協力しあっているようですから。

今のところ同居結婚中の私には、ちょっと理解し難いところですが、なんとなく羨ましい話ではあります。

夫婦だからといって、束縛されませんよね。熟年別居してらっしゃる奥さんは、旅行にもお友達と頻繁に行かれてる様子。

私の主人は、旅行に友達と行くと言っても「どうぞ」と言ってくれるけど、そこはやっぱり気兼ねするし、いちいち「行ってもいい?」と承諾得る必要があります。そういうのが一切いらないって気楽でしょうね。


苗場リゾートマンションの別居中の奥様を見てると、ホント良かったね~ってテレビのこちらがわでつぶやいてしまいました。

へそくり貯金して熟年離婚や熟年別居にいたるケースはよく聞くけど、こういった円満なケースもあるんですね。私はもしもに備えてへそくり貯金するクチですけど。

それにしても、元気でいたからこそ60代の主婦さん、こういったチャンスに巡り会えたわけで、健康って大切だな~って思いましたよ。やっぱり健康って大事ですね。←そこ?(笑)。

↓ブログランキング参加中です!あなたの興味ある項目を、ぽちっと応援ありがとうございますm(__)m

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None