先日、思い余って息子にパソコンを買い与えてしまった私。ダメダメと思ってもダメですね~。ついつい甘い顔してしまう。

「すでに20歳で社会人なんだから自分で金貯めて買え!」と口ではいいつつ、『周りの家庭では、中学生の頃からパソコン買い与えてるところも多い中、我が家のパソコンは私専用で、学校での課題の調べ物以外は触らせなかったしなー。学生時代は、勉強の妨げになるからってことだったけど、もう大人だからいっかー?』なんて、自問自答して結局購入したのでした。
PR
半額




パソコン買う際にNTTとビビックの契約で迷ったのだけど、キャッシュバックキャンペーンや購入手続きを比較してビビックに決まり。
ヤマダ電機で、レノボパソコンを最安値で購入したくてがんばりました!



あれから約3ヶ月。やっとビビックから2万円の商品券が送られてきたようです。現金は1万円のキャッシュバックがあるのですが、息子に尋ねるとすっかり忘れている様子。

ビビックの契約キャンペーンであるキャッシュバックは、パソコンを購入したお店(うちの場合はヤマダ電機ね)に購入した時のレシート、工事完了時にもらう証明書、購入者本人の身分証明書の3点を持っていかないといけないんですね。


息子にキャッシュバックの1万円をさっさともらいに行くよう催促。


2万円の商品券と現金1万円すべて息子にやろうかと思ったのですが、『イヤイヤそれは甘やかしすぎだろ』と、母親譲りのシビアなもう一人の私がつぶやいたので、「半分ずつでどう?」という提案を。


彼もそれで喜んだので、商品券1万円と現金5000円とっとといただきました(笑)。

ビビックのキャッシュバック
↑ビビックから、商品券2万円分送ります、という挨拶状。


忘れた頃にやっと商品券届くんですね...でも、ある意味嬉しいかも^^
ビビックキャンペーン


こういった棚ぼたのお金や商品券を彼がどう思ってどう使うのか、私には知る由もない、というよりも怖くて聴けないのが本音。

棚ぼたのお金でも大切に思って、考えて使ってくれー...とただ願うだけです。

親って、ホント無力ですね^^;


息子、言っておかないと!と思うけど、しつこいと聞き流しされるからほどほどに。ただ、そのほどほどって難しいですよね?(汗)
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
関連記事
スポンサーリンク
 タグ
None