「貯まる女」という言葉、惹かれますよね~。貯まる女というのは、節約のできている女性のことなんですね。

家計の節約って、女性がトライするけどよく失敗するあのダイエットに似ていますね^^;そう、成功せさせるのがなかなか難しいのです。

でも、毎日あることをやるだけで「家計ダイエット」に成功できるんだそうですよ。あなたもやってみますか?それとも、もうやってるかな?


↓↓節約の達人に学ぼう!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
PR
半額



女性セブンでのアンケートでは、アンケートに答えた人の半数以上が「お金をためるのは苦手」と答えたんだそうです。

なぜお金が貯まらないのか?というと、

年収が少ない
我慢できずにいろんな買い物をついしてしまう
性格的にアバウトなので、家計管理が苦手



こういった理由から家計を把握できていないのが現状のようですね。

とはいっても、周りをみると、年収が低くても性格が適当でも節約している人はしているし、貯金のある人はありますよね。


そこで、節約・貯金ができている人とできていない人とでは何が違うのか?というと、「家計簿をつけているかつけていないか」だったのです。


家計簿をつけているかどうかで、こんなにも調査結果に違いが出てきたんですよ。


貯金額

家計簿をつけている人   家計簿をつけていない人
819万円        659万円




ひと月の家計の収支結果(黒字額)

家計簿をつけている人   家計簿をつけていない人
38000円       15000円



一目瞭然ですよね。しかも、家計簿をつけている人は計画が立てられるので、欲しいものが買えるという人が、家計簿をつけていない人より10%以上も多かったのです。

また、家計簿をつけていない人は、将来に不安がある人が90%もいるのに、家計簿をつけている人で将来に不安のある人は、46%だったんですよ。

家計簿をつけると窮屈でイヤ!っていう印象があったのだけど、精神面でも良い影響があるんですね。


でも、家計簿って、毎日書いてもお財布のお金と家計簿の残金が合わないことってけっこうあって、イライラしませんか?私はしょっちゅうでした^^;

そんなときは、合わせることは二の次で、買い物を家計簿に書き出すだけでもいいんですよ。家計簿の目的は、今日のお買い物に無駄使いがなかったかを振り返ることですからね。


この家計簿ですが、エクセルなどのパソコンソフト家計簿ではなく、『手書き家計簿』がよいんだそうですね。

家計簿の目的は『節約する、無駄遣いを無くす』といった意識を自分にさせること。なので、パソコンで入力するよりも、手で購入したものを書いたり、金額を書くことで脳に働きかける、認識させるという効果が大きいのです。


とはいっても、私の失敗⇒初めての家計簿のつけ方は無意味でした・・?


私はエクセルで家計簿つけてましたよ⇒お薦めエクセル家計簿作り方


わが家の家計簿の項目⇒我が家の家計簿の項目と付け方はこれです!



家計簿をつけるって、節約上手や貯金上手になる手立てでもあり、ボケ防止にもなりますよ。

だって、実家の母が80歳になる現在も家計簿つけてるせいか、私よりもしっかりしていますからね^^;パチンコ好きな母ですが、毎日パチンコの勝ち負けもつけてるので、使いすぎにはならないようです(笑)。

手書き家計簿の威力は偉大です!


家計簿をつけるのはやっぱり面倒でイヤ!ってときには、こんな方法もありますよ⇒家計簿をつけなくても家計を簡単上手に管理する方法!



↓↓手書き家計簿をつけるだけでもお金が貯まるのは「意識する」ってことが大事なのですね^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None