短大卒業後は信販会社に就職。

実家からの出勤だったので、家賃は不要。

ただし、食費を1万円だけ入れていました。
といっても、ほとんど親はおらず、自分で何か買って食べていました・・
食費じゃなく、家賃かな?


お給料で、今までにない大金が入るようになったので
お洋服を買うのが楽しみでしたね。

当時はバブル時代だったので、ブランド物のスーツが
流行っていて、5万円のスーツ買ったときはドキドキして
眠れせんでした。。
(とっても無駄使いしたような気がして怖かったんですね^^;)


20歳のときに、振袖はいらないから車を買って欲しいと
親に頼み、車を買ってもらいました。

いとこのお姉ちゃんの振袖(10歳ほど年上なので
かなり古い柄だったりしました・・)
を借りて
成人式には出ました。

私に合わせた振袖じゃないので、かなり似合ってないです・・
(成人式の写真は笑えます^^;)


この頃から、その時だけ必要なものよりも長期にわたって
必要なものにお金をかける
ことを好んだようです。
(×振袖→○車)


ブランド物の服を買ったり、飲みに行ったり、旅行に
行ったりしながらも、なんとか貯金はしていましたね。


20歳で就職して23歳で結婚するわけですが、結婚するときには
150万ほど貯金していました。

その貯金は、新婚旅行(オーストラリア)や新生活の準備、
当面の生活費でほとんど消えてしまったんですけどね。

でも、その貯金がなかったら、これらの準備は親に頼るか
借金、もしくは新婚旅行には行かない、といった選択しか
なかったわけですから、やっぱり貯金しておいてよかったわけです。



そして、赤字家計の結婚生活のはじまりです・・(苦笑)


~~~*~~*

節約、貯金の知恵を私も参考にさせてもらっています!

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーリンク