生命保険の予定利率って聞いたことありますよね?

予定利率が大きいほど、契約者(私たち)に有利になっています。
保険料が割引かれるんですね。


でも、私、以前はそれを知らなかったんですね。

それで、就職してすぐに入っていた第一生命保険(終身保険)を、
親戚(保険の営業マン)が勧めるままに切り替えした経験があります。

その後に予定利率というものを知って、かなりショックでした。

というのは、その第一生命の保険は、今では考えられないくらい
高い予定利率でして、しかも10年以上かけていたんですね。


もし、保障が足りなければ、その生命保険はそのままで
もう一本掛け捨てでもかけたほうがよかったわけです。

保険会社は、予定利率の高い商品は、予定利率の低い
商品に切り替えするように頻繁にいってきます。

なぜ、切り替えさせたいのかは、絶対に口にすることは
ありません。(もしかしたら、営業している方は
勉強不足で知らないのかもしれないのですが・・)


それ以降、生命保険の切り替えはしないようにしました。

生命保険の切り替えって、営業の方は、『切り替えする
契約者には一切、デメリットはない』と言ってきます。

そこで、一度、切り替えるとしてそれまでに払ってきた総金額、
組み入れられる金額、これから払っていく金額、と
出してきてもらったことがあります。

どう見ても、切り替えせずに続けたほうがよいと
思われました。

生命保険の切り替えは、新しい保険に今まで
払い込んだお金を組み入れるという説明ですが、
そこでいったん実質解約です。

解約すれば、返ってくる金額って少ないのは
当然ですね。

だから、もっともなことなのですが、
生命保険の切り替えを勧める際は、
そういった説明も必要ですよね。

それを契約者が納得したうえでの、生命保険の切り替えなら
別によいと思いますよ。



親戚から勧められて切り替えた第一生命保険の内容は、
とっても分かりにくかったのですが、
その後によくよく調べてみたら、私にとって、希望する内容では
なかったのですぐに解約しました。
(親戚の保険やさんは、保険の内容があまり上手でなくて
私は内容がよく把握できず、ただ信頼して切り替えてしまいました。。)


その親戚の生命保険の営業をされている方は
私が解約するちょっと前に辞められたみたいです。
(辞めるというあいさつもなく、ちょっとショックでした)

それ以降は、お付き合いで保険に入るのは
やめることにしています。
関連記事
スポンサーリンク