イオンのクレジットカード、やっと申し込みをしました。

すでにイオンカードを1枚持っているのですが、なぜ新しくイオンカードの申し込みをしたかはこちらで⇒また!イオンクレジットカード使ってしまったよー・・


まだイオンカードできてないんですが、申し込み段階で「おっと!これは気をつけたい」とか思ったこと、いろいろあったので忘れないうちに書いておきます。


☆↓貯金に節約技、みんながんばってるんだよね!
PR
半額

イオンクレジットカードはネットで申し込みしました。用紙に書くよりもパソコンで文字を打ったほうが楽なので^^

WAONも使おうと思ってるんで、WAONも使えるイオンカードを希望です。

ここで、イオンセレクトカードとイオンカード(WAON一体型)の違いが分からなかったので、イオンクレジットサービスに直接電話して尋ねました。

イオンカードセレクトというのは、イオン銀行に申し込みになり、イオン銀行のキャッシュ機能がついています。つまり、イオンカードセレクトを使うと、イオン銀行から引き落としになるんですね。

イオン銀行は私には向いてない理由→イオンカードのデメリット?イオン銀行は解約して上手に節約的に使いたいから・・

私はイオン銀行ではなく、ゆうちょ銀行を使いたかったので、左側のイオンカード(WAON一体型)を申し込みクリック。

イオンカード



↓次の画面はこれ。お申込みはこちらをクリック。
クレジットカード


つぎに、WEB明細についての画面になります。グリーン線で引いた箇所にチェックしないと、WEB明細になってしまいます。WEB明細にすると、紙を使わないので自然に優しいとか、イオンのポイントをくれるとかいろいろメリットはあるようです。

でも、WEB明細にすると、何に使ったのか見るのが面倒になるんですね。いちいちネットでログインしないといけないので。すると、請求が間違っていないのかの確認もおろそかになりがち

しかも、何に使ったのかを把握せずにクレジットカードを使っていると、浪費になってしまいがちです(。>_<。)

という、今までの私がクレジットカードを使ってWEB明細も使ってきた経験から、紙での請求書を希望することにしました。

上記の規約に同意するにチェックして次に。これにチェックしないと次に進めませんでした^^;

イオンクレジットカード


↓次のページでは私の個人情報を記入です。郵便番号入れると、おおよその住所が出てくるので記入は楽ですね。

本人確認のために、免許証を持っているか?という欄があって、免許証の番号を書くようになっていました。でも、これを書きたくなかったので免許証は持ってないにしました。すると、他の方法での本人確認になるようです。

あと、自宅の電話も記入したくなかったので、自宅電話なしに。携帯電話番号を記入すれば大丈夫でしたよ。

引き落とし先の登録ですが、これはゆうちょ銀行などネット口座を持ってればネットで手続きできるところもあります。でも、ネットで口座は今は使ってなかったので、ネット口座は持っていないにしました。

イオンカード 審査


申し込み完了です。


イオンカード 明細

6月11日にネットでイオンカードの申し込みをして、本人確認の電話が携帯に入ったのが、6月15日。(ちょうどイオンでお買い物してる時でした(笑))

本人確認は、生年月日を聞くなど、ざっとした確認です。私の方から質問したのが、この後どういった手続きになるのか、ということ。

本人確認の手続き。後日、「本人確認書類の提出」が17日にメールで来ました。私は社会保険証の表と裏を写メしてメールに添付して送付。
これは、1度しかメールで送れません。本人確認書類が不鮮明だったりした場合は、本人限定受取郵便(特定事項伝達型)というやり方になるそうです。これは、郵便物を受け取る際に、本人だと分かる書類を提出して受け取る郵便サービスだそうです。

イオンカード発行審査が通ったら、銀行引き落とし用紙が送ってくるので、それを書いて送付。(未だ来ていない)


というわけで、あとは、振込用紙の記入と送付だけなんだけどな~。まさか、イオンカード発行の審査が通らないってことないですよね(笑)。

イオンカードの審査通って、カード発行になったら、またご報告しますね。

■私が申し込んだイオンカードはこれ⇒イオンカード(WAON一体型)


なんと、主人にもイオンカード作らせちゃいました→ETCレーンで遮断機開かず!ヤフーETCカード期限切れ(汗)で、イオンカードを選んだ理由


☆↓クレジットカードのWEB明細って、あなたもあまり見てない?
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None