台所シンクの水垢やキッチン排水口、ガスレンジ周りのお掃除っていやですよね~。面倒だし、キレイになりにくいし。しかも、お掃除下手なんです、私。年に一度でいいから、専門のお掃除屋さんに来てもらえたら!っていつも夢見ています(笑)。

そんな私のために?今日のヒルナンデス!では、たった500円ワンコインもかけずに、お掃除に必要なものをお買い物。そして、簡単にピカピカにしちゃう!っていう内容。

見逃した方は、ぜひ参考にしてくださいね~。


☆↓貯金や節約に困ったら、ここからお知恵拝借!(笑)。☆
PR
半額



ヒルナンデス!では、水垢や排水口、ガスレンジまわりの油汚れをキレイにするためにダイソーでお買い物。購入したものは、クエン酸、炭酸水、セスキ炭酸ソーダでした。



■まずは、台所のシンク。

ここの水垢をキレイにします。

クエン酸小さじ半分と100mlのお水をスプレー容器に入れます。スプレー容器を振って、台所シンクにシュシュッとして布ブキ。すると、布ブキしたもこみちお兄さんが「布の滑りが全然違う~!」といって喜んでいました。

このクエン酸を溶かしたものは、蛇口まわりにもオススメだそう。確かに、蛇口あたりには水垢がつきやすいですよね。

※水垢防止に、水拭きしてから、空拭きすると水垢がつきにくい。私もこれ、台所シンクでやってま~す。ホント、水垢がつきにくいですよ。



■キッチン排水口の汚れ掃除

見なかったことにしてしまいたい、キッチン排水口の汚れ。
これは、排水口のゴミ受けを取り出して、炭酸水をかけるだけ。排水口の中にも炭酸水をかけます。炭酸水は、ぬめりや汚れを浮かせる働きがあるそうです。汚れを浮かせたら、歯ブラシで磨いて水で流します。すごいきれいになってましたよ。




■ガスレンジの油汚れをキレイにする

セスキ炭酸ソーダを小さじ5分の1とお水100mlをスプレー容器に入れて振ります。これを、汚れにシュッシュと。このあとがすごい裏ワザ!?ラップをクシュクシュと手のひらで(紙くずのゴミみたいに)丸めて、それでセスキ炭酸ソーダをスプレーした汚れ部分をこすると、汚れが取れてキレイに。

セスキ炭酸ソーダは、重曹よりもアルカリ度が高いため、油汚れに強いんだそうです。


※頑固な油汚れには、まずは割り箸で固まった汚れを取り除いてからセスキ炭酸ソーダをシュッシュするとよいそうです。

いかがでしょう?安いお買い物でお掃除が手軽にやれて、しかもキレイになるって嬉しいですよね。高い掃除用品や洗剤を購入するよりずっと節約できますよ。

お金は貯めても、日々の汚れは溜めない!(笑)。虻ちゃんも、このお掃除を教わってから毎日夜してるそうです。旦那様に褒められた~といって喜んでました^^

☆↓どれかひとつでもやってみようかな?って思ったらクリックしてね☆
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None