「ひるおび!」特集のゴーヤでグリーンカーテン作り方だけど

ゴーヤが実ったら、『おいしく料理しましょ♪』ってのもあったんですね。


でも、私、節約とか貯金は好きなんですが、お料理が嫌いなので
(料理に凝らないので、食費にもお金かからない?)
ボーッと見てたんですね。


でも、ゴーヤを食べるのは好き♪

そしたら、へ~なるほどってのがあったんで、
ここにもメモッときます!


ゴーヤの肉詰めっていうレシピを最初に作られてて
ゴーヤは、中にある白いワタが苦味が強いんだそうで
スプーンでゴシゴシと削ってました。
(私は、知らなかったんで、手で種を取る程度でした)


で、ゴーヤを輪っかにして、ひき肉を詰めていきます。
(ここは、お茶碗洗ってて、見てないです~^^;)

しいたけの戻し汁と、めんつゆと片栗粉で
あんかけを作るんですが、
ここに隠し味の『梅干』を砕いて入れるんですね~。

梅干がゴーヤの苦味を和らげるんだそうですよ。


で、もう一つのゴーヤレシピ。

サラダなんだけど、ゴーヤのワタ取って、細切りにして、
塩もみしますね。

そのゴーヤと、ツナ缶、グレープフルーツの実を
適当に切った物を混ぜるだけ。


ツナ缶のタンパク質がゴーヤの味をまろやかにしてくれるそうで
グレープフルーツの酸味が苦味を消してくれるそうですよ。

どうして、梅干とか、グレープフルーツとかと合うかっていうと
人間は、苦味よりも酸味を先に感じるからだそうです!


ゴーヤ嫌いのお嬢さんが食べて、「苦くない」っていってました。

すごい!!感動!科学ですよね~。

私は、ゴーヤとごまだけの酢の物でも大好きなんで、
(めちゃ手抜きですが、夏バテに効くんで、よく昼食にも作ってます)


私が酢の物を作るときは、塩もみじゃなくて、お湯をかけます。
そのほうが、固めのゴーヤが柔らかくなっておいしいですよ。


さて、このサラダはぜひとも挑戦してみようと思ってます。

もしかしたら、ゴーヤを食べない息子も食べるかも?
って期待しちゃいますよね。

切って混ぜるだけ、なんて素敵な料理なんでしょ!(笑)


関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None