先日、節約料理レシピで人気のある食材「もやし」を使ったおいしい調理法があさイチ!であったのでご紹介しました。
節約料理で人気「もやし」をシャキシャキ料理する方法



節約料理をするには、冷蔵庫の食材を使い切ること。これが一番だと思うんですよね~。足りないと思う度にスーパーに足を運ぶとついつい余計なものを買ってしまいますからね(笑)。


そこで、今日の昼食。今日は、いただいたえんどう豆と買い置きのかぼちゃが冷蔵庫にあったので、それを使って副菜を作りました。

かぼちゃの煮付けって、砂糖やみりん、お醤油といったものを使うのが当たり前と思ってたけど、新発見に感激!超シンプル料理、ん?これも節約?

☆↓貯金や節約に困ったら、ここからお知恵拝借!(笑)。☆
PR
半額

自営業の我が家はお昼ごはんも主人と仲良く?2人。でも、いつもは、お惣菜を買ってくるとか、魚焼いてトマト切って終わりとか、そんな感じ。

今日は、息子が帰省していたので、かぼちゃの煮つけをお昼に食べさせようという母心。

でも、お昼にささっと煮付けて、かぼちゃに味がしみるかな?というのが心配。もっと簡単にパパっとできるカボチャ料理あるかも?と、「簡単でおいしいカボチャ料理」と検索。

すると、さすがはクックパッド。出てきました~。カボチャ料理がいっぱい。


その中で、塩だけでかぼちゃの煮つけができるっていうのを見て、そのシンプルさに惚れてしまった私。

さっそく作ってみました。


作り方は、超簡単。




・かぼちゃを切って(余力があればメンドリも)、無水鍋に並べ、塩を少々かぼちゃの上に振ります。

・10分かぼちゃをおいておくと、水分が出てきます(私は1時間ほどおいておきました)

・1分強火にかけて、弱火にして16分蒸し焼き状態。(無水鍋なので、こげません)



(無水鍋じゃない場合は、お水を100ccほど入れて、お水がなくなるまで煮るとホクホクに)




主人と2人、昼食で食べたかぼちゃ。ホクホクしておいしかったです~。お砂糖の甘さが苦手な主人もこれはおいしいと喜んでくれました^^


かぼちゃの節約レシピ



もともと甘めのかぼちゃだったので、とてもおいしいのですが、甘みの足りないかぼちゃだったら、調味料足したほうがよいかも?


さて、昨夜、夜中1時に友人宅から帰ってきて、お昼1時過ぎに起きてきた息子。


食事を出したのですが、一番の力作?のかぼちゃの煮付けはなかなか食べ終わりません。
「かぼちゃおいしいでしょ?」と聴くと
「のどにつまる・・」という返事(-_-;)

「そんなことやから、顔のニキビも治らないのよ!」と意味不明につっかかる私。

でも、息子、怒られるので、時間をかけつつ、お水のみつつかぼちゃを完食しておりました。


そのあと、息子は自分のアパートへと帰って行きました。


そして、今夜、お昼に作って余ってたかぼちゃのお煮付けを、主人とまた2人食べたのですが・・


私たちがお昼食べた時は、作りたてだったので、水分が残っていたもよう。

その後、水分が蒸発したのか、いわゆる焼き芋状態になってたようです。甘くておいしいのですが、息子が言ってたように、とってもノドにつまります。(-_-;)

でも、主人は文句ひとつ言わずに食べてます^^;私に怒られるからでしょうね~

私も、お水と飲むこと無く、少しずつノドに詰まらせないよう気をつけ気をつけ食べました(^_^;)


塩だけで煮るかぼちゃの煮付け、本当においしいのです。かぼちゃ本来のうまみが出るんだと思いますよ。しかも、調味料は塩だけという超シンプル。体にもよいし節約的。


ただ・・時間がたつと、めちゃノドにつまりますので、
ホントお気をつけて^^;


あ、あといただきもののえんどう豆。いつもえんどう豆を煮ると、シワシワになる私のお料理。これもネットで調べたら、煮た後に、えんどう豆が冷える際、えんどう豆はお水を吸うんだそう。だから、お水が少ないと、しわしわになるんだそうですよ。お水たっぷりめで煮てみたら、本当にふっくらできました。ネットって本当に便利ですね♪


☆のどに詰まりそうでもホクホクしたかぼちゃの煮つけ、おいしいですよね?☆
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None