今という時代は、ちょっとの節約では、お金が貯まらない時代なんだそうです。

なぜかって?

お給料が上がらないから。

でも、教育資金に老後資金と、お金を貯める道はあるのです。それは、主婦も働いて家計の収入を増やすこと。
そこで気になるのが『103万円』と『130万円』の壁。これを気にしてお仕事をセーズしている主婦の方が多いですよね?これって、本当にセーブしたほうがよいのでしょうか?


☆↓貯金や節約に困ったら、ここからお知恵拝借!(笑)。☆
PR
半額




働く主婦の前にたちはだかる3つの壁とは・・


■100万円の壁

年収100万円を超えると、超えた分に住民税がかかる。


■103万円の壁

年収103万円を超えると超えた分に所得税がかかり、夫の配偶者控除がなくなる。

■130万円の壁

年収130万円を超えると、夫の扶養からはずれ、妻が自分で年金や健康保険料を払う。


※103万円の壁までは、支払い税金の額も小さいので、あまり気にする必要なし。130万円の壁は年金と健康保険料で年20万円(負担額は年収により増加)くらいを払うことになるので、130万円~150万円の年収では、129万円の年収の人より手取りが減ることになる。


※夫の会社に配偶者手当があり、年収が100万、あるいは103万円で打ち切られる場合も。月3万円の手当なら、妻の年収が1万円でもオーバーすると、夫の年収が36万円マイナスになってしまう。


(記事参照元 女性セブン)



というわけで、150万円(できれば160万円)よりも多い金額を稼げないと働くだけもったいない、といった発想になるのでしょうね。思わず、自分のお給料を確認してしまいました^^;

専業主婦さんは、とりあえず週に4日、1日6時間働いたとして100万近くも稼げることになります。それを達成したら家計の内容がずいぶんとよくなるのでは?

そのあと、ご主人の協力が得られることが分かったり、欲が出たら、160万円を目指してフルタイムで働く!収入アップを目指してみると、思わぬ生きがいが見つかったりして、老後の蓄えと夢の発見につながるかも、ですよ?


☆↓働く主婦の前に立ちはだかる収入金額の壁、楽しんでもらえたらクリックしてね☆
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ