あなたのお宅ではどういった暖房器具を使っていますか?
おそらく一家庭にいくつかの暖房器具があるかと思いますが・・?

我が家には、エアコン、床暖房、電気カーペット、灯油ストーブ、オイルヒーターと、あげてみたらいろいろとありました^^;

ところで、省エネになるように暖房器具を使うコツがあるって知ってました?暖房するのも毎月けっこうな出費ですよね?少しでも暖房費を浮かせて節約節約!お財布にもだけど、地球にも優しいですからね~。


☆↓貯金や節約に困ったら、ここからお知恵拝借!(笑)。☆
PR
半額



暖房器具を効率的に使うには「メイン暖房」と「サブ暖房」に分けて考えます。


■メイン暖房

エアコン、ファンヒーター、石油ストーブ、オイルヒーター、パネルヒーター、床暖房など


こんな最新型暖房器具も⇒バルミューダ スマートヒーターを家電マニアの土田がイチオシの理由!【ヒルナンデス!】



■サブ暖房

電気ストーブ、電気カーペット、こたつなど




メイン暖房とサブ暖房を上手に組み合わせて使うのが、電気代を節約するコツだそうです。


たとえば、朝、起きてすぐにお弁当つくりを始めるときは、エアコンとキッチンの電気ストーブのスイッチをオン。エアコンが効いてきたら、電気ストーブは切りましょう。また、リビングで過ごすときは、エアコンの温度を低めに設定して、電気カーペットかこたつを使います。2つの暖房を使うと一見、もったいない気がしますが、メイン暖房の温度を下げれば、問題ありません。かえって効率よく暖めることができます。

(記事参照元 女性自身)




電気代が高くなる組み合わせは、温度設定を最高にしたサブ暖房器具を2つ同時に使うことです。これは、暖房器具によっては、ドライヤーを「強」にして使うのと同じ消費電力になることもあるそうですよ。

メイン暖房を2ついっぺんに使うのも暖房の効率が悪く、電気代がもったいないのです。

サブ暖房器具としてあげてある「こたつ」これはもっとも消費電力が少ないんだそうですよ。昔は我が家もコタツだけしかなく、出ると寒いので、コタツから出れなかったのを覚えています^^;子供も出れなくなってたので、コタツを家から排除してしまいましたが・・懐かしい思い出です。


他の暖房器具の省エネ対策としては、「加湿器の使用」があります。湿度が上がることで体感温度も上がるんだそうですよ。

加湿器も省エネで節約できるものを選ぶとよいですね。大きい物よりも小さいものが電気代が節約できますね。「スチーム式」はお湯を沸かすので電気代が高くなります。常温水を蒸発させる「気化式」がおすすめです。
インフルエンザ対策にもお肌にも良さそうですね。


うちで気をつけているのは、熱を逃さないように、日が沈んだらカーテンをすぐ閉めること。
ひとりの時は、小さな部屋にこもって小さな灯油ストーブだけつけて、暖まったらすぐ消すようにしています。(以前は灯油を入れるのが面倒で電気ストーブでしたが、やっぱり灯油ストーブのほうが温かくて手放せません)
朝も、出かける30分前には暖房を切るようにしていますよ。
電気代も灯油代ももったいないですからね~。部屋では靴下重ね履きで(笑)。


☆↓暖房器具の省エネな使い方、ちょっと参考になるかも?と思ったらクリックしてね。☆
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ