そう、ここ2,3年ずっと思っていたのです!今年こそは、古いダウンコートを断捨離して新しいのを買うぞ!って。

でも、ついでに、って思ってたら、ついついリサイクルショップに持っていくのを忘れてるんですよね・・。

そして、やっと先日リサイクルショップにダウンコートを買い取りしてもらいに行ったのでした。

高く買い取ってもらえるとは思っていなかったのです。

でも、ダウンコート2着、ほんの数十円にしかならないと聞いて、私がとった行動は?

☆↓貯金や節約に困ったら、ここからお知恵拝借!(笑)。☆
PR
半額



リサイクルショップの冬物の洋服買取は、12月の初旬で終わっているそうです。
店員のお兄さんが「査定はさせてもらいますが、数十円にしかなりませんが良いですか?」と言われました。

すでに私の心のなかでは、断捨離したダウンコートです。持って帰っても置く場所がありません(汗)。

それに、ひとつはネット通販で買った安物で、ひとつはコムサで6万円ほどしたけど、すでに10年近く前に購入したもの?(笑)なので、「別にかまいません」というと、「それなら査定させていただきます。」と。

店内をブラブラしていると、ある記憶が私の頭によみがえったのでした。

それは、「要らないものは、捨てるか無料で人にあげたほうが良い。手放すことで空いたスペースを埋めるのは、引き換えにいただいただけのお金の価値。」


手放すことって、新しいステキな何か(モノに限らず)が舞い込んでくる可能性があるようです。でも、数十円お代をいただけば、それで終わってしまうということ。


そう読んだか聞いた記憶を思い出した私は、「お金はいらないので、ダウンコートを引き取ってもらえますか?」と尋ねると、丁寧に「ありがとうございます」とのお返事をもらい、スッキリした気持ちでリサイクルショップを出ることができました。


もし、ダウンコートと引き換えに数十円もらっていたら、査定してもらう待ち時間にイライラしただろうし、「たったこれだけ?」と思いかねなかったので(私はケチなので^^;)自分にとって良い決断でした。

これでクローゼットの収納スペースが空いたので、思い切り新しいダウンコートを物色してまわる楽しみができました(笑)。

古着を高く買い取ってもらうには、春物洋服は2~3月、夏物は5月頃、秋物は8月頃、冬物は10月頃と、早め早めにリサイクルショップに持っていくのが良いそうです。


もし、リサイクルに出すときは、早めに宅配買取を利用すると良いなって思いました。出かけついでに、って思っていると、高く買い取ってもらう時期を逃すことになりそうですから^^;

■手とり足取りのサービスでは?⇒宅配買取のネットオフ


☆↓リサイクルショップへの古着の持ち込みは早くしよう!って思ったら、クリックしてね。☆
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ