ケチ母と娘の秋の北海道旅行記、4日目のホテルは、札幌市内の札幌アスペンホテルに宿泊でした。そして、5日目の最終日は小樽の自由散策

明日が最終日という日に、母のケチぶりに、つい嫌味を言ってしまった私。今となっては、後悔と自己嫌悪なんですけどね~。


☆↓貯金や節約に困ったら、ここからお知恵拝借!(笑)。☆
PR
半額



北海道旅行お4日目は、富良野を15時過ぎに出て、札幌に18時前に到着です。約3時間ですね、かなり長かった・・(^_^;)

お泊りは、札幌アスペンホテルです。

札幌アスペンホテル

ご覧のとおり、お部屋はとってもよかったですよ。母と二人ゆっくり北海道の最後の夜を過ごせて、よく眠れました。


北海道のおすすめホテル感想

おトイレとお風呂はこんな感じ。最終ホテルだったからか、しっかりホテルの写真も撮ってありました(笑)。

札幌市北の漁場

この日の夜は、北海道ツアーに食事はついておらず、オプションで札幌市内の「北の漁場」という居酒屋?に連れて行ってくれました。私たち親子も、北の漁場に行きました。送迎は北の漁場がしてくれたのですが、このマイクロバスに乗ったのもいつもどおり、私たち親子は最後でして、後ろのほうだったので、すごい揺れてお尻が痛いくらい(。>_<。)
すると、帰りは、前の方に早く乗ろうと、母は一番のりで、マイクロバスに並んでいたのにはびっくり!目的があれば、早く行動できるみたいです・・。


ところで、この北の漁場での食事は、面々で注文します。私はビールを飲むので、軽くミニいくら丼にしました。すると、母もこのミニ海鮮丼を注文したのです。(一番安いお品・・汗)

他のツアー客は、みんな豪勢な定食を注文しています。母に、「定食にしたら?」というと、「夜は、そんなに食べれなから、これで充分!」というのです。「バイキングでは、あんなに食べてたくせに!」と言っても知らん顔。他のテーブルにはたくさんの食事が並んでいるのに、私たちのテーブルには、ちょこんとしかありません。なんとな~く、貧乏臭くて恥ずかしかしく、母にブツブツ言ってしまいました。食事代は私が出すつもりだったのですが、ムカついたので、しっかりもらっておきましたゞ( ̄~ ̄;)


北の漁場 札幌おみやげ市場

次の日も、この北の漁場に連れて行かれました。
(ツアーは何度も、おみやげ物やさんに連れて行かれるのがネックですね^^;)
私はいつもどおり、何も買いませんでしたが、なんと!ケチ母は、白いトウモロコシを4本とおみやげを一品買っていました。びっくり!最終日にして、北海道旅行初めてのお買い物です(笑)。


北の漁場をあとにして、1時間ほどバスで走り、小樽の自由散策です。

小樽観光

お!ケチ母の後ろ姿が写っております(笑)。

小樽では、オルゴール館やガラス細工を見て回りました。
小樽は、母も私も来たことがあったので、珍しくもなかったのですが、それでもウロウロしてたらあっという間に時間がきてしまいました。

オルゴール館

小樽では、私は、ダンナとおそろいでガラス細工の箸置きを買いましたよ。(ダンナへのお土産はこれだけ・・笑)会社の人にお土産にガラス細工を1つ購入。


母もガラス細工のネックレスを自分用に買ってました。確か2千円ぐらいと安かったけど、思い出にってことみたいです。キラキラして綺麗でしたよ。


北海道ランチ

そして、北海道での最後の食事は、ドライブインでのしゃぶしゃぶ。けっこうな量で食べきれない!ってみんな言ってたけど、お肉がおいしくて、ペロリみたいでした(笑)。

やっぱり北海道は、食べ物がおいしいですね^^空気がおいしいからっていうのもありますね。

ここが最後のドライブインだったのですが、ここでもまたケチ母は最後までバスに乗ってこず・・。
私は早々とバスに乗って、バスの窓から母の姿をずっと探していました。「帰ってこないな~しょうがない。呼びに行こうか・・」と思ったら、添乗員さんが、ドライブインの中に入っていったので、お任せしました^^;母を呼びに言ってくれたのです(笑)。

母は最後のドライブインだったので、土産のキーホルダーを4つほど購入していたようです。最後の最後まで、集合するのは最後だった母でした(汗)。

帰りの空港でも、飛行機の搭乗時間まで余裕があったので、母とは別行動で売店をウロウロしてたら、母がなかなか搭乗口に戻ってこなくてハラハラ・・。売店を見て回ったけどいなくて、ハラハラ・・。

しょうがなく、じっと待っていたら、帰ってきました。ずっと向こうにあるテレビでお相撲を見ていたそうですゞ( ̄∇ ̄;)

1人で北海道ツアーに参加するのが心細くて実家の母を誘ったのですが、ずっと振り回されっぱなしで疲れました。母は、自宅にいるときと違って、まるで子供のように好奇心旺盛で自由気ままに動きまわるのです。私の知らない一面だったのか?年寄りだから身勝手なのか?それは謎です。

ただ、私も主人に「目をちょっと離すと勝手に何処かに行ってる!」とよく言われるので、一緒なのかな?と、ダンナさんの苦労がわかったような気がしましたよ(汗)。

北海道旅行中と帰ってからは、「二度とケチ母と旅行に行くものか!」と思ったけど、今ではよい思い出です。だって、やっぱり親子ですもんね(笑)。


■母と娘の北海道旅行1日目(函館編)

■母と娘の北海道旅行2日目(十勝篇)

■母娘「北海道旅行」3日目【足寄、摩周湖、知床編】

■母と娘の北海道旅行4日目(富良野編)



☆↓ケチ母と娘の北海道旅行記(小樽編)楽しんでもらえたらクリックしてね☆

関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None