最近思ってたのが「人生いつ終わるか分からない。だから、楽しめるうちに楽しまなくちゃ」ってこと。それは、身近な人が50代の若さで亡くなったから。

なので、自分への投資というか「ご褒美」ってやつがジャンジャン増えている私です。そんなとき、ちょっと考えさせられる数字が目につきました。

それは、人が一年間に使える金額です。



☆↓貯金や節約に困ったら、ここからお知恵拝借!(笑)。☆
PR
半額




人生を80年とすると、仕事で稼げる期間はだいたい20歳から60歳あたりですよね?そこで、年収300万円だとすると、一生涯に稼げる総額(40年間)が1億2000万円になります。

80歳までの60年間で稼いだ金額を割ってみると、1年間に使える金額って200万円程度になるわけです。けっこうシビアなんだ~と目が覚めた思いです。

稼いだ分だけ使ってたら、老後が破綻してしまいそうです。年金があてになれば大丈夫なんだろうけど、今後の年金受給額ってちょっとやばそうですから・・。


貯金できている女性の例で、自分へのご褒美だったお洋服代や美容費を削ったら貯金ができるようになった、という声があります。貯められる女性っていうのは、おしゃれやストレス解消にお金を費やすのではなく、先々ずっと仕事ができるように資格取得などへの投資をやっているんですね。

歳を重ねると、体力の問題もあるし、求人にしてもパートの仕事につくのもなかなか難しくなるようです。在宅で老後もできるような仕事をと、私もぼんやりとだけど模索しています。今、エステにジムにファッションにと費やしているお金を、資格取得などのスキルを磨く投資にシフトするべきだな~と考え中です(汗)


☆↓自分への投資の仕方考えてみる?☆
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None