10月8日の「はなまるマーケット」では、消費税増税に向けての節約術に貯金を貯める方法がメインテーマでしたね。

先日、私も記事に書いた、家計再生コンサルタントの横山光昭さんがゲストでした。
家計の支出を3つに分けるだけで、なぜか節約できる!


お子さんが5人いらっしゃる、節約の達人主婦の節約の秘訣も取材されていましたよ!


☆↓貯金や節約に困ったら、ここからお知恵拝借!(笑)。☆
PR
半額




【お給料の中から、貯金はどのくらいしたらよいのか?】
目安は、横山光昭さんが家計再生されたデータをもとにしたもの。
手取りの16.7%が目標だそうです。この数字は、手取りの6分の1だそうで、5分の1だと生活がきつくなるけど、どうにかがんばって貯蓄に回せそうな割合だそうです。


40万円収入があるという家庭の主婦が出てらっしゃいました。その場合だと、6万7000円を貯金に回すとよいのですが、現在はほとんど貯蓄されていなかったのです。

貯金するためには、食費を8万円→5.2万円 娯楽費1.5万円→1万円
嗜好品→1.5万円→1万円に改善するようアドバイスされていましたよ。
あとは、車のローンを貯金から一括返済するように。(金利がもったいない)
そして、住宅ローンは、安いローンを探してみて検討するようにとのことでした。


そして、手取り23万円の中から、5~6万円貯金しているというスーパー節約主婦が登場です。一年間に100万円貯めたこともあるそうです。
すごいですね、私だったら、とても貯められません・・。どんな方法で節約しているのかというと?

LED照明にして電気代を節約。お風呂は全員でいっぺんに入って、1枚のタオルで拭く。(んーこれは、最後の子供がかわいそうと、ハナマルのキャストの方のお言葉・・笑)ごはんは、一度に10合たいて、一気に冷凍するそうです。そんな感じですね。


すごいと思ったのが、その家計内容。
家族7人(子供5人)にも関わらず、食費3万円だそう。


これ、いいアイデア!と思ったのが、「カレンダー家計簿」。

買い物は必ずレシートをもらってくる。
毎日の買い物した合計金額をカレンダーに記入する。
使わなかった日は、赤いハナマル。
1万円以上使った日は、ドクロマークが書かれています。


この「カレンダー家計簿」をいつも、台所の主婦さんが目にとまるところに置いておくそうです。節約の意識付けですね。かなりハナマルが多かったです。
ホント、いいアイデア!

この主婦さんの節約方法は、楽しみながらゲーム感覚でやってるところが良いですね。だから、長続きするし、楽しく貯蓄できるんだと思います。
横山光昭さんも褒めてらっしゃいましたよ。

家計簿つけるのが苦手な方は、合計だけだせばよい「カレンダー家計簿」、やってみてはいかがかな?


☆↓↓「はなまるマーケット」の節約特集記事、感じるところあったかしら?
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ