消費税増税が決定ですね。いろいろと生活必需品も値上げするしで、貯蓄も思うようにいかなくなりそうです。


貯められない場合、家計費の流れが見えてないことが多いようです。以前の私もそうでしたからね。どうやって、家計の支出の流れを把握したらよいのか?簡単なポイントご紹介!

☆↓貯金や節約に困ったら、ここからお知恵拝借!(笑)。☆
PR
半額



覚悟はしていた消費税の増税だけど、いつから?というと、2014年4月1日から8%に増税(これは確定)。その後は、2015年の10月1日に、10%に増税予定だそうです。

そんな厳しい時代に突入だけど、「そんな時代だからこそ貯金のチャンス」と言ってる方もいらっしゃるんですよ。

家計再生コンサルタントの横山光昭さん。6000人以上の家計を再生させた実績あるそう。すごいですね^^;
ところで、どれだけ貯金があれば「合格点」なのか?なんとなく基準が欲しいところです。


「年収と同じだけの貯金があればまずは合格点。1000万円で貯金がゼロの人より、年収200万円で200万円貯金がある人のほうが、『お金持ち』と私は考えています。年収の半分からでも貯めることを考えていきましょう。」

(記事参照元 女性セブン)



上が、家計コンサルの横山さんのコメントです。ここ数日のひるおび!でも、さんざん言われていたようですが、まだまだお給料が上がるのは先のようです。

先が不安だけど、今でキュウキュウなのに、これ以上貯められないと、「節約疲れでの浪費」もみられるようですよ。


節約しようにも、何からはじめていいのか分からない場合、横山さんのアドバイスはこう。

特売品を買うかどうかを迷うといった細かな節約を気にするよりも、毎月の家計の支出を見えるようにすること

でも、家計簿って、本当に面倒。家事もあるしお仕事してて、家計簿つける暇なんてないわ!って方にも横山さんおすすめな方法があるんです。

■家計の出費を3種類に分けます。

・消費(食費や日用雑貨品、光熱費といった生活に必要なものをすべて)
・浪費(趣味嗜好品や、贅沢な買い物、ギャンブルなど)
・投資(貯蓄や習い事、本といった買い物)


以上の3つの種目を書いた封筒や箱を用意して、レシートを分けていれる。

1週間に1度の集計と、ひと月の支出集計を数ヶ月間繰り返します。

すると、使ったそれぞれの項目の割合がわかりますよね?

これが、

月収のなかで
消費が70%、投資が25%、浪費が5%が理想だ
というから、わが家の家計がどういった状態なのか、把握できますよね?

この理想の状態に近づけるよう意識していけばよいってことです。

投資と浪費の境目が難しいような気もしますが、その人の価値観で分ければ良いそうですよ^^

続けていくうちに、投資と浪費の違いにも気付きがあるというから、勉強になりますね、。これに気づくと、「使うべきところ」に使い、「無駄遣い」も減ってくるでしょうとのこと。

それから、もうひとつ大切なことは、貯めるための動機で、貯金率も違ってくるんだそう。
「これから先が不安だから貯金しよう」よりも、「あんなことしたいから貯金しよう」といった前向きな目的な人に、貯められる人が多いそうです。

レシートを3つに分けるくらいならできそうじゃないですか?
やろうと思ったときが始め時。今度のお給料日から始めるってどう?


☆↓↓家計を3つに分ける方法、いいかも?
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ