来月10月から年金減らされますね。まだ40代だから関係ないと思えません。だって、年金で生計を立ててる両親も健在だし、20年も経たないうちに、自分も年金受給者になる予定ですから。

さて、年金はどのくらい減らされるのでしょうか?年金受給額が減額される現実にどんな対策をしたらよいのでしょう?かなり真剣です!


☆↓貯金や節約に困ったら、ここからお知恵拝借!(笑)。☆
PR
半額


(年金受給額は)今年10月に1%、'14年4月に1%、そして'15年4月に0.5%と3段階での引き下げが決定している。

厚生労働省の試算によれば、国民年金に加入する自営業者は、この10月からは月に666円減額となる。一方、厚生年金を受給する標準世帯では、月2349円もの減額になるとシミュレーションされている。
月額でみるとちょっとした減額にも思えるが、これが年額で計算すると大きな額に。「トータル2.5%減になると、国民年金だけの加入者で年に2万100円、厚生年金の場合で年に7万800円のダウンになります」(引用 女性セブン)



といった具合に、事実上、年金のみでの生活者にはかなりの負担増になるのでは?年金生活者の家計は、現在でも赤字家計で、貯金を崩して生活しているのが現状。

総務省家計調査報告では、現在でも高齢者夫婦世帯で家計の支出、約27万円に対し、収入が21万8000円で、毎月5万円ほどの赤字家計だそうです。

しかも私たち30代~40代世代が年金をもらえるころには、現在よりも受給額は2~3割減るだろうと予測されています。

アメリカやイギリス、ドイツなどでは、67歳や68歳での支給が決定してるそうだから、日本もこれにならって、受給年齢をあげる可能性も大きいといわれています。

では、どうやって、減額されたり、支給が先延ばしされる年金に対処すればよいのか?

【65歳以上の方の場合】

・固定費を見なおして減らす。
生命保険をまず見直す。本来は、子供の学費が必要でなくなった時点で、死亡保障を減らす方向で検討するのがベストです。
ほかにも、家賃や通信費、旅行などの娯楽費、といった固定費や大きな出費を見直す。
携帯電話のあまり必要としないオプションを解約する。たとえば、留守番電話や携帯電話が壊れたときの保証サービスなど。小さな固定費の節約でも結果は大きく違ってきます。


【50代40代世代の場合】


・年金定期便や年金ネットで、自分の年金状況を確認する。未納分や免除分があれば、払うことを検討する。(2015年9月30日までは10年間の後納が可能)

・民間の「個人年金保険」を検討する。
今後の年金受給額が増えることは期待できそうにない。しかも年金支給開始年齢は先延ばしの傾向。なので、自分で年金を作ることを考えたほうがよいと、専門家の方々の話です。

個人年金に入ることで、条件に応じ、所得税と住民税の控除が受けられるのも魅力ですね。


こうやって現実を目の当たりにすると、私たちの老後はとても厳しいものになりそうです。私たちの子供世代はどうなるのでしょうね。国があてにならないから自分の身は自分で守る。ってことが必要なようです。

あまり悩んでもしょーがない!慎ましやかな生活を楽しむくらいの気持ちでいきましょう♪

☆↓↓年金の現状とこれからの対策、参考になりました?


P.S 私も老後にそなえて、副業頑張ってます⇒私の副業
関連記事
スポンサーリンク