私の場合、賃貸派か持ち家派かといえば、家を購入する前と
購入して5年くらいは、持ち家派でした。

でも、今は賃貸志向(笑)。

持ち家は、結婚して家族をもてば、いえいえ、
一生独身でも夢見るものだと思います。

消費税が引き上げられる来年4月を目の前にして
住宅の購入を検討している方も多いのでは?

住宅ローン減税に加えて給付制度という
「アメ」
が政府から用意されているんですね。

この波にのるべきかのらざるべきか?


☆↓いろんな生活と節約の知恵の宝庫はここ!
 
PR
半額



【住宅ローン減税】
ローン残高の1%が10年間控除される住宅ローン減税は、現行では2千万円、控除は最高20万円でした。

来年4月以降は、消費税が8%(あるいは10%)で購入した場合、残高上限が4千万円、控除は最高40万円まで引き上げられます。



【給付制度】
消費税が8%(あるいは10%)で住宅を購入しローンを組んだ方が対象で、年収により現金が給付されるというものです。

消費税が8%の場合、年収が425万円以下で30万円、
425万円~475万円で20万円、
475万円~510万円で10万円が給付されます。

消費税が10%の場合、年収が450万円以下で50万円、
それから5段階にわけ、675万円~775万円で10万円まで給付されます。

(記事参照元 女性自身)




これがお得かどうか?難しいところだと思います。

萩原博子さんがおっしゃるには、焦る必要はないのでは?と。

消費税引き上げ後に、住宅価格が大幅値引きになる可能性も?

それより何より、アベノミクス効果はさほどないとの見解。
今後、お給料が増える見込みは少ないだろうと、予測されています。
お金に余裕があるのなら、子供の教育費として貯金しておいた
ほうがよい、
といった意見のようですよ。

でも、持ち家って、やっぱり憧れますよね。

私の場合、主人の両親と同じ敷地内のボロ家から
脱出したくて家を建てたようなものです。

家を建てる前と建ててから4,5年は夢ここちで楽しかったです。

でも、家を建てて13年、庭の手入れは大変だし、家は
少しずつ老朽化してきて、そろそろ手を入れる必要もあります。
(外壁の塗替えにボイラーの灯油タンクも古くなってきたし)

毎年固定資産税を、13万円ほど通帳から引き落としされるのも
嫌になってきます。(家は老朽化するのに、建物の固定資産税は
まったく下がらないんですよね・・)

わが家の場合、家と土地の購入で、約3000万円ほどの出費でした。
ほかにも、住宅ローンの金利や税金がプラスされます。

まあ、3000万円としてみましょう。

田舎なので、賃貸マンションでもひと月に10万円払えば
かなり良いところが借りれます。

10万円×12ヶ月×25年=3000万円です。

んーー、売るときにいくらになるかってとこですかね?

今の私の希望としては、3年おきぐらいに新しいマンションに
引っ越していきたいな~っていう願望(笑)。

引越しって面倒だけど、必要に迫られて断捨離できるんで
片付くでしょう?

それに、気分も変わって私的には好きなんですよね。
飽き症なもので^^;

実家の両親なんて、3件もの家を建てましたからね。
信じられない・・。

家を建てる前は、一生に一度だから、もっともっと
予算をかけて、おしゃれでステキな家にしたい!って
ダダをこねまくった私。

いっぽう、ケチケチに予算を組んだ堅実派の主人。

そのときは、主人にめちゃ腹たったけど、
今となっては、少しでも家を建てるお金を削っておいて
よかったって思います。

家を建てるとなると、ちょっと太っ腹になっちゃいます。
先を考えると、予算はできるだけ削ったほうがよさそうです^^;


いまは、ケチケチ主人に感謝です(笑)。


☆↓住宅購入に関しての記事、何か参考になったらポッチン!

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ