夫源病」ということば、最近チラホラと聴きます。


6月20日の「はなまるマーケット」では
夫源病になったとき、ならないための対処法を
「夫源病」の名付け親の石蔵文信医学博士がお話してくれました。

梅雨時は夫源病に要注意なんだそうですよ~
さて、その理由は?

☆↓いろんな生活の知恵を、ここからいただいています!
人気ブログランキングへ
PR
半額



梅雨時期っていうと、雨が多くなるんで、外出が
少なくなりがちです。
つまり、夫婦が顔を合わせる時間が長くなるんで
それが問題なんだそうですよ~。
うん、理屈なしで分かります(笑)。


夫源病とはどういう病気か?っていうのは
こちらで⇒夫源病にならずに鈍感夫ともうまくやっていく方法



良妻賢母型の奥さんがなりやすい病気なので
私には無縁かな~と^^;

家政婦扱いする夫にも要注意だそうです。
奥さんの不満が溜まるからでしょうね。

車の運転が荒いご主人にも注意が必要だそうです。
車の運転には、本性が現れているそう。おとなしい人なのに
運転が荒い人は、日頃我慢しているんだそうです。


夫が奥さんと上手に付き合う方法として、石蔵文信先生
からのアドバイス。↓


「ありがとう」「ごめんなさい」は接頭語に

「ありがとう」は常日頃使うように。
「ごめんなさい」は、すぐにいう。

いつもすぐ謝ると、「うそ臭い」とか怒られても
(どうせ何言っても怒られるので、言わないより言ったほうがよい)。


記念日の1輪の花は、3日後のダイヤにも勝る

女性は記念日を大切にしていて、その当日をとても重要に感じている。

夫が結婚記念日を忘れて、3日後に思い出し、なプレゼントを妻に送るよりも、記念日当日にたった1輪の
花をプレゼントしたほうが効果的で喜ばれる。



ちなみに、「はなまるマーケット」にゲスト出演の
つるの剛士さんは、結婚記念日は毎年、靴の交換をするんだ
そうです。

つるの剛士さんの結婚記念日は、9月2日だそうで
靴の日。いつまでも2人で仲良く歩んでいこう、という
意味合いなんだそうですよ・・。
(ウッ・・ここまでは、もはや・・私はできない・・)


奥さんが夫源病にならずに、夫婦円満を
やっていくには、コミュニケーションが大事。

これは、新婚当時から夫婦喧嘩することも大事だそうです。


妻が夫源病にならないために、または
なったときの対処法


これには、4つの対策が効果的とあげらえていましたよ。

①外出

奥さんが友人とランチに行ったり、飲みに行ったりする。
その際は、食事のしたくなど、夫の世話をせずに外出する。

そうすることで、夫の自立をうながす。

②旅行

外出ができるようになったら、次は夫をおいて、
1泊2日の旅行から1週間ほどの旅行をする。

妻がいないことで、夫は妻のありがたみを感じ、
妻は、夫を家において旅行することで後ろめたさを感じる。


③プチ別居


旅行に行けないという方は、このプチ別居が
お勧めだそう。

寝室を別にして、好きな時間に寝る、起きる、
好きなときに食事する、と、奥さんの自由にする。
妻が自分だけの時間を作ること。

寝室を別にすることは、夫の文句はでるだろうけど
そこでひるんではいけないそうです。

「はなまるマーケット」では、実際にプチ別居で
夫婦仲がよくなった方が嬉しそうにコメントされていましたよ。


④名前で呼び合う

対等に名前で呼ぶことが大切。
「お母さん」とか「ママ」とかいう夫もいるが、
夫の母親ではないので、名前で呼ぶのが良い。



どれもなるほど、と思える夫源病の対策方法ですよね。
うえの4つの方法で、夫源病の予防や離婚防止になれば
やってみる価値は大いにあるのでは?

プチ別居なら、本当の別居じゃないんで家計の出費にも
影響ないですもんね(笑)。
これぞ、節約?

わが家でも、すでに何年も前から寝室は別です。
寝室がいっしょだと、眠れないときに本を読んだり
テレビ観たりができないんで不便。
寝室を別にすると、すごい気楽です(笑)。

夫を家においての旅行は、私もたまにやります^^;
これは確かに、自分だけお金使って贅沢だな~と
後ろめたいので、夫に優しくなれますよ。

旅行は、お金がかかるけど、離婚なんてことに
なるより、ある意味ずっと経済的ですよね。

しかも、帰ってみると、夫がいつもやらない庭の
手入れとか、シーツの洗濯とかしていてびっくり
することも!

お互いにちょっと距離をおくっていうのが
いいんでしょうね。

プチ家出になると、あとあと帰りづらかったり
するから、ひとりで旅行に行くってことを習慣づけて
おくと楽チンかも?

久しぶりにひとり旅行に行きたいな~(笑)。


☆夫源病対策で夫婦仲良くする方法が参考になったらクリックしてね!
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ