今朝のあさイチ!では、「遺産相続」がテーマでしたね。

それまでは、普通に行き来している兄妹でも
いざ親が亡くなって「相続」が発生すると相続争いって
発生するようです。

あさイチ!では、相続に関してどんなトラブルが発生するのか?
そのための対処策は?といった内容でしたね。

わが家では、主人の父親が病気になった時に
遺言書を作成してくれていましたよ。


☆↓いろんな生活の知恵を、ここからいただいています!
人気ブログランキングへ
PR
半額



私の主人の父親は、長年病気を患っていたんです。
主人は3人姉弟です。

お義父さんは、事業もしていたし、姉たちはお金に
困っていたこともあって、お義父さんが相続争いを心配して
遺言書を作成してくれてたんですね。
私たちが頼んだわけではないのだけど、
いくつもの家庭の相続争いを耳にしてのことのようでした。

公証人役場に相談にいって、公正証書で遺言書を
作成していただきました。

おかげで、お義父さんが亡くなった後、
相続の権利でもめることもなかったです。


あさイチ!での相続問題の例です。

【生前贈与がある場合】

Aさんの場合、兄500万円、姉300万円を
親が亡くなる前に援助されていました。
Aさんは、まったく援助を受けていません。

しかも、母親の介護を2年間Aさんだけしたそうです。

親の遺産が1000万円あったそうで、これを3人で
平等に相続しようと兄と姉が言ったのですが
Aさんは、これに納得がいきません。

法律上はどうなるかというと、
この場合、生前贈与が発生します。
500万円+300万円+1000万円=1800万円

これを3人で平等に分けるべきで、生前贈与された
金額を差し引いて、

兄100万円、姉300万円、Aさん600万円
となるそうです。

遺産を先にもらえる権利を寄与分というそうですが
介護は特に、これにはあてはまらないそうです。

介護をする際に、気をつけたほうがよいのが
介護費用。

介護用の通帳を作って、領収書などを保管しておいた
ほうがよいそうです。

親の通帳から介護費用を頻繁に引き出していると、
兄妹や親戚から何に使ったのか?と、
疑われるケースがけっこうあるそうです。



【実家に住んでいる弟が家を相続したい場合】

200万円の現金と2000万円の自宅が遺産として
残りました。

姉と弟の2人姉弟です。

弟がずっと実家に住んでいるので、
弟が家を相続し、姉が200万円を相続する場合。

姉には1100万円の遺産を
相続する権利が発生しています。

姉が要求する場合、弟は、900万円の代償金を
支払う必要があるそうです。



【遺産に借金がある場合】

多額の借金が亡くなった親にあって、相続放棄したい
場合は、3ヶ月以内に相続放棄の手続きを
しないといけないそうです。

相続放棄をしても、生命保険は受け取れるとのこと。


【曽祖父の土地だった場合】

父親が亡くなって調べてみると、土地名義が曽祖父のまま
だったそうです。

その場合、祖父の兄弟に、(亡くなった人がいる場合は
その子供に)土地を譲ってもらうことを承諾してもらい
印鑑が必要になるそうです。

中には、承諾する代わりに、金銭を要求する人も
いるそうです。その場合は、支払う必要があるそうです。


【相続トラブルを無くすために】

まずは、親の遺産を把握するために、親と
遺産のリスト作りをすることをお薦めされていました。

親が病気になってからでは、いかにも財産目当てっぽいので
元気なうちがお薦めだそうです。

親に、上手にリスト作りを協力してもらう
方法として、緊急時に、誰に連絡して欲しいか、
どうして欲しいのかを聴く。

親のかんに障らないように、万が一のときは、
残されたものが困ると、やんわり伝える。


ということでしたが、このリスト作りも
なかなか難しいですよね^^;

私は、両親が健在ですが、さすがにこういった内容に
触れる勇気はまだないですね。

弟がひとりいるのだけど、そのときは
どうなるのかな~?、とふと考えることは
あっても、まあどうにかなるさ、といった感じです。

お金はあっても困らないもので、兄弟それぞれに
家庭があるわけで、そうなるとなおさら
もらえるものは欲しい、と相続争いになりかねないようです。

親が遺言も兼ねて、遺産リストを自ら作って
くれるのが一番ありがたいんですけどね。


☆相続問題の事例、参考になったらクリックしてね!
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ