発酵食品が体に良いのは、有名ですよね?

お通じがよくなる、腸内環境を整える、ということは、
栄養をよく吸収できる体になるわけで、
美肌効果も期待できるし、免疫力の向上やアレルギー体質の
改善などにつながる期待も大なわけですね。

そこで、『はなまるマーケット』では、水キムチの
作り方が6月6日に紹介されましたよ。

料理ベタな私にもできそうな、簡単水キムチの
作り方でした(笑)。


☆↓いろんな生活の知恵を、ここからいただいています!
人気ブログランキングへ
PR
半額

発酵食品といえば、最近では麹が流行りましたよね?

今度のブームは水キムチだそうです。

昔から、韓国では医者いらず?と言われたかどうかは知りませんが^^;
体調が悪い時には、水キムチを食べて元気になってきたそうですよ。
だから、韓国人ってパワフルなんですかね?

水キムチには、素晴らしく乳酸菌が多くて、
キムチの2倍以上、ぬか味噌の何倍もの乳酸菌が
いるんだそうです。

この乳酸菌って、植物性乳酸菌というもので
植物性でないと、胃腸まで届かないそうです。
だから、素晴らしいといわれるんですね。


「はなまるマーケット」で紹介された
簡単な水キムチの作り方をメモとっておきました。


実際に水キムチを作ってくれたのは、夏梅美智子さんという
本も出版されている料理研究家さん
水キムチのレシピ本


(材料)
大根200グラム、きゅうり2本、(または、野菜や果物400グラム)
水400cc、塩小さじ2、上新粉小さじ1、りんご1/2個、
生姜の薄切り5枚、にんにくの薄切り2枚、お酢大さじ3



(水キムチ作り方)

①野菜は、塩を振って軽く揉んで20~30分ほどおく。
軽く洗って、水をキル。(放送では、フキンで水気を
とっていました)

②鍋に、みず、塩、上新粉をいれて、一煮立ちさせ、常温に
なるまで冷ます。

③②が冷めたら、①や、生姜やにんにく、お酢、
切った果物を密封容器などにいれる。

常温でまる1日、夏は、2時間程度常温で、その後は
冷蔵庫で保管します。

作って4日目がおいしいとか6日目がおいしいとか
人それぞれでした。

作って1週間程度冷蔵庫で保管できるそうです。


果物を入れるのがポイントだそうですが、特に
これからの季節は、スイカがおいしいそうですよ。

水キムチは、汁に植物性乳酸菌がやどっているそうで
汁をしっかり飲むのがポイントです。

具よりも汁が大事!

汁を、冷やし麺に少し入れるレシピもこれからの季節は
お薦めだそうです。

焼肉用の牛肉を、20分ほど水キムチの汁に
つけておくと、お肉が柔らかくおいしくなるそうです。
そのあとにはなまるマーケットでは、
炒めものに牛肉を使っていましたよ。

発酵食品といえば、最近は納豆を毎日食べるようにして
いるのだけど、毎日は、かなり飽きます^^;

お味噌汁にキムチやお漬物に加えて、今後は水キムチも
食べるようにしてみようかな?

韓国料理で食べたことある水キムチ、おいしかった
記憶があります。

キムチと違って唐辛子が入っていないので
さっぱりした感じ?

体力無い私は、夏バテしやすい人・・汗。
毎年のように夏バテで、熱出したりもして病院へ・・
となると、節約どころじゃないですよね~。

うちの息子も夏バテしやすくって、体調崩して病院へ
行くってこともありましたよ。

家族の元気が一番の節約だし、家計も大助かりです。

一人息子のところにもミズキう作って
持って行こうかな?

今年の夏は、わが家は水キムチで夏バテ対策です!


☆水キムチの作り方があなたの参考になったらクリック!
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None