6月4日の「あさイチ!」で、部屋干しのいや~な生乾きの臭い
解消法
が特集されていましたよ。


まあ、早い話がコインランドリーに持って行って
乾燥機にかけると生乾きの臭いもせず、フンワリ
乾きます。

または、除湿機を使うと、生乾きせずに部屋の
除湿もできて乾きます。(以前、除湿機愛用派だったけど
邪魔だったので、壊れてからは買い直しはせず・・)

という方法もあるけど、そこは「ちょいケチ節約組」としては、
やっぱり部屋干しです(笑)。

さて、わが家では、部屋干しというと、カーテンレール
にかけて干すのが常識だったのだけど、これもNGなんですね・・汗


☆↓いろんな生活の知恵を、ここからいただいています!
人気ブログランキングへ
PR
半額


洗濯物を部屋干ししたときに洗濯物に残る、生乾きのいや~な
臭いは、乾く時間が長引くことが原因になっているんだそうですよ。

その原因を取り除くためには?ということで
「あさイチ!」で紹介された部屋干しの方法です。


部屋干しにする際に、カーテンレールに引っ掛けて干すと
部屋の片隅で、風が通り抜けないため、乾きが遅くなるそう。
だから、カーテンレール使用はダメ。

部屋の中心など風の通りやすい所に干すべきです。
(といっても、部屋の中心って、かなり邪魔になります・・涙)

そして、これは皆さんご存知、扇風機の首を回して
風を送る。

大事なのが、洗濯物の干し方です。

ピンチハンガーを利用して洗濯物を干す際に
一番早く乾く干し方は?といった質問でした。

1.アーチ型
2.V字型
3.バラバラ型



私はV字型だと思ったんですが、間違いでした。

正解は、アーチ型です。

アーチ型に干すと、30分~1時間程度早く
乾く
というからこの差は大きいですね。

アーチ型というのは、外側に長い洗濯物を干して
中にいくにしたがって、短い洗濯物を干します。

外側に長い洗濯物を干したほうが、風あたりが
良いので、早く乾きますよね。

あと、風のとおりもこれが一番良いんだそう。


ほかにも、部屋干しの洗濯物を早く乾かすための
干し方のポイントが。

・ワイシャツは、えりをたてて、部屋の中なので、ボタンは
全部外して風が中にも通るように干す。

・ズボンは、裏返して、ポケットの内側を外に引っ張り
出して、まあるく、中に空洞ができるように干す。

・ブラジャーは、アンダーラインが乾きにくいので
アンダーラインを上にして干す。
(洗濯物は、上から乾いていくからです)



あと、最後に視聴者からのいろんな質問が
届いていたんだけど、気になったのがこれ。


ダンナの衣類と自分の衣類を一緒に洗うと、加齢臭が
移りそうで嫌で、別々に洗っている。
こういった体臭や加齢臭は、衣類を一緒に
洗うことで移りませんか?



と言った質問です。
これには、みんな「ダンナさん、かわいそー」とかの声が(笑)。
質問に対して、専門家の方は
加齢臭は移りません、夫婦仲良くしてください」って
おっしゃってました(笑)。
(イノッチがナイスコメント!と一声♪)

うちの場合、加齢臭対策やってるんで
こういった心配はないですね~⇒ダンナの加齢臭対策


梅雨に入って、なかなか洗濯物が乾かないのが
悩みだったんだけど、さっそく今夜の洗濯もの干しから
やってみます。

あの生乾きの洋服の臭いを持って出歩くのは、
かなり迷惑な話ですからね~汗


☆部屋干しの記事がちょっとあなたの参考になったらクリック!
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ