MHKあさイチ!で特集された「夫が突然亡くなったら?」。

遺族年金に関しては、こちらの記事で⇒遺族年金をきちんともらうには?

お子さんが1歳にもならないときに、ご主人を
亡くされた小松さんの例をもとに、老後の生活費や
子供の学費などのために、公的支援を使って資格取得をとる、
といったことも紹介されていましたよ。


☆↓資格取得の公的支援制度に興味をもったらクリック!
人気ブログランキングへ
PR
半額



「あさイチ!」で取材されていたご主人を亡くされた
小松さんの場合、子供が2人公立大に行った場合と
下宿代で、2154万円の費用がかかる予定だそうです。

この金額が、ご主人の生命保険と退職金の金額にほぼ等しいので
このお金は全額定期貯金にしたとのお話。

でも、これを全部、子供の学費として使ってしまったら
老後が不安だっておっしゃってました。

そうですよね、確かに。老後は、年金だけしか
頼るものがなくなるんですものね。

そこで、あさイチ!のアドバイザーの方は、
子供には、大学生になったら、バイトしてもらったり
大学の学費は、奨学金制度を利用したほうがよいとのアドバイスでしたね。

老後の生活費が足りないと、結局は、子供に迷惑を
かけることになります。
定期預金をある程度、老後のために残しておくことは、
子供に迷惑をかけないためにも必要でしょう、とのお話でした。


ここで、ご主人の生命保険の保障額は、
いくら程度に入っておけばよいのか?

といったご質問。

小さい子供がいる場合、3000万円の死亡保障の生命保険
が妥当
でしょうとのこと。

ただし、その人の環境によっては、
入っておいたほうが良い、死亡保障額金額もまた違ってきます。


自営業だと、+1000万円
賃貸住まいの場合、+1000万円
(持ち家の場合は、住宅ローンが、保険に入っているから)

子供3人以上は、+500~1000万円
妻が正社員の場合、-1000万円
実家に帰れる場合 -1000万円



といったアドバイスでしたよ。


この小松さん、ご主人が亡くなったあと、パートに出た
そうですが、たまたま市役所で見つけた、高等技能訓練促進費
という制度を利用して、准看護師の資格を取得したそうです。

この高等技能訓練促進費とは、母子家庭の母親が看護師や
介護福祉士等の資格取得のため学校(通学制)へ通う場合、
70500円もしくは10万円支給するという制度だそうです。

この制度は、看護師や介護福祉士等と限られているけど、
自立支援教育訓練給付金という制度もあるそうです。
これは、自治体から指定を受けた教育講座を受講した場合
20%を支援してもらう制度。



アドバイザーの方がいうには、とりあえずのパートよりも
こういった公的支援の制度を探して、利用すべきでしょうとのこと。

そのばあい、どんな資格を取得するのか、その資格を取得して
の就職先やお給料を前もって下調べする必要もありますよ
、とのこと。

すでに、その資格を取得して働いている人の話を聴くのが
一番のようです。

あさイチ!に出ていた小松さんは、毎日学校に通いながら
家事や子供の世話が終わった夜10時半ぐらいから
自宅での勉強もやっているそうです。

親がひとりしかいないから、といった肩身の狭い思いを
子どもたちにさせたくない、というのが彼女のがんばる
源です。

私は、のんべんだらり~と暮らしている毎日だけど
誰にでもそういったことは起きうるわけです。

わが家は、もうすぐ(多分、おそらく?・・汗)
子供が自立しつつあるので、自分の心配をすればよいのですが。

といっても、夫が先立つとは限らないんですけどね。
夜遅くまで、ネットでカチャカチャやってる不摂生な私のほうが
危ないような気も・・汗。


☆↓「あさイチ!」『夫が突然亡くなったら』の記事に考えさせられたらクリック!
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ