貯金をするのが下手な人と上手な人の違いって、なんだと
思いますか?

「貯め上手と貯めベタ」な人との7つの違い。
あなたはどちらに当てはまりますか?^^


☆貯め上手になりたいけど、やり方がわからないな?って方はクリック♪⇒人気ブログランキングへ
PR
半額

①貯め上手な人は、長期的な目標が明確になってます。
「○○のために貯めよう」といった貯金へのモチベーションが高いんですね。

だから、節約にも前向きに取り組めます。

貯めベタさんも、まずは、小さな目標で「○○を買うために、いつまでに
■■円貯めよう」と具体的に目標を作る練習を。


②貯め上手さんは、先取り貯金をしている。

やっぱり先取り貯金は大切ですね。

少額でも良いので、毎月コツコツが貯め上手への第一歩。


③貯め上手さんは、自分のお金の使い方を把握している。

貯め上手さんは、家計簿をつけるだけではなくて
それをデータとして、分析したり、自分のお金の使い方を把握している。

家計簿をつけるのが苦手な人は、レシートと
クレジットカード明細書を見直すだけでも違ってくるはず。


④貯めベタさんは、目的もなくコンビニによく行く。

貯め上手さんは、まとめ買いが得意。
その反面、貯めベタさんは、頻繁にコンビニに行ってお買い物をしてしまう。
特に、500円以下のお買い物は、気が緩んでしまい、チリツモ
消費の原因になることが・・。


⑤貯め上手さんは、通帳とクレジットカード明細をチェックしている。

貯めるのが上手な人は、クレジットカードでの支払い明細や
通帳引き落としの電気料などの公共料金、携帯電話料金などを
毎月チェックしているので、お財布を引き締めるのも早い。

通帳残高をチェックしていると、残高が増えることがわかるので
モチベーションアップにつながる。


⑥貯めるのが上手な人は、新聞やテレビで経済ニュースを
チェックして情報収集している。




⑦貯めるのが上手な人は、お部屋でも財布の中でも綺麗に
整理整頓されている。


お掃除が苦手だと、似たような服や小物を買ってしまうことも・・

お財布の中身がパンパンだと、お金をどれだけ使ったかがわかりにくい。
浪費につながる可能性も‥・?


という感じで、貯めるのが上手な人は、こんなふうに溜まる
要因があるようです。

お金を貯めることが苦手な人は、その反対のことをして
いるのかもしれませんね~。


私の場合、最近は、家計簿をつけておらず、預金通帳で
お金の流れを把握するようにしています。
浪費が多いので、自分への戒めのためにも、ホントは家計簿を
つけたほうがよいと、そろそろ思っています(汗)。

あと、経済やマネー関係のニュースをほとんどチェックしてません。
雑誌では、そういった内容を読むのが好きですよ。

経済ニュースをチェックしたほうが、最新の
税制や補助金といった制度内容の変更なんかの情報が
リアルに伝わってくるんでよいんでしょうけどね。

あとの項目は、ボチボチやってるよな~って感じです。

まあ、何ごとも無理の無い範囲でということで、アバウトな
私ですが(笑)

あなたも無理の無いように「7つの貯まる仕組み」を
取り入れてみてくださいませ♪



☆「7つの貯まる仕組み」ちょっとだけ、参考にしてみようかしら?と
思ってもらえたらクリック♪⇒人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ