11月27日の「なかよしテレビ」で孤独死問題が取り上げられていましたね。

孤独死ってきくと、お年寄りというイメージがあります。
確かにお年寄りの一人暮らしが多いわけで、そのケースも多いそうです。

でも、今では、驚くことに、若者の孤独死もあります。
⇒若者の孤独死の記事はこちらに


そして、これも驚いたのですが、40代という働き盛りの
孤独死も増えているそうです。いったい何が原因なのでしょう?


☆応援のクリックお願いします☆⇒人気ブログランキングへ
PR
半額




「なかよしテレビ」では、アラフォーの女性がなぜ孤独死に至ったのかが
再現VTRでありました。

独身のこの女性は、病気のために会社を辞めたんですね。

そのあとに、再就職先を探すのですが、年齢がネックになって
仕事が見つかりません。

次第にお金もなくなっていくんですね。

実家に電話して、援助をお願いしようと思っても
実家の両親は年金生活です。

援助を頼むどころか、反対に、お金を貸してって言われます。

そして、とうとう彼女はうつ病になってしまいます。

彼女は、お金がないので、携帯電話の解約はもちろん、
電気、ガス、水道と止められていって、ひと月後、
とうとう飲まず食わずの生活になってしまいました。

そして、とうとう衰弱死という結果に・・。

見つけて下さったのは、大家さん。
それも、家賃滞納で様子を見に来られてのことだそうです。

なんだかあまりにも淋しいお話です。

今は、生活保護という制度もあるのに、きっと彼女は、
人に迷惑かけたくないという想いが強い責任感のある
女性だったのでしょう。
だから、生活保護みたいなものを利用されなかったのでしょうね。

誰が悪いとかじゃなくって、せめてお仕事が見つかりやすい
環境整備が必要なんじゃないでしょうか?

みんな一生懸命生きたい、働きたいって思ってる、
そんな人たちに働く場をきちんと提供して欲しいです。


☆共感していただいた方は方はクリックしてね☆⇒人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーリンク
 タグ
None