わが家は、子供がたったの一人。


親戚からは、「たった一人でどうするの?」と言われ続けて
きたけど、しょうがないです
一人しか授からなかったのですから・・(マジ苦笑)。


>>面白くても面白くなくても(笑)クリックしてね!⇒ 人気ブログランキングへ
PR
半額





でも、そのおかげで、私もずっと共働きをすることができました。


主人は、小さな会社の2代目でして、その事務を私も手伝っています。

でも、産休といった仕事をしない間は、お給料がいただけませんでした。

その間、かなり苦しかったです。
(社会保険の保障はあったので、助かりましたが
働いたほうが収入は多いですからね。)


父親と姉(実権を握っていた)が厳しい人だったので、主人のお給料は
優遇されることなく、とても少なかったのです。
はっきりいって、赤字家計だったから、すぐに仕事に復帰しました。

子供が生まれて10ヶ月の頃でしょうか?


子供に対して、とても後ろめたい気持ちがいっぱいでした。

でも、子供は、とても素直に育ってくれています。


今は、19歳ですが、ほとんどブチ切れることがありません。

私たち夫婦は、しょっちゅう切れていますが、気づくと
子供は切れてないんですね。

成績は、本当によくなかった息子ですが、それには頭が下がります・・。


話は戻って、今になって思うのだけど、早く仕事に復帰してよかったな~
と思っています。

友人の話を聞くと、子供の習い事にすごくお金を使ってきているんですね。

それが、ママ友との情報交換によるものが多いみたいです。

仕事をしていないと、ママ友との交流が盛んになってるみたい。
そうすると、教育に関しての情報がたくさんママ友から入るわけで、
お稽古事が必要だと思ってしまい、たくさんのお稽古事をなんとなく続けていた
って感じでした。

情報は必要ですが、ある程度の遮断も必要ですね。
(ママ友との交流を否定しているわけではないのですが・・)


でも、わが家も最初はいろいろと子供に習わせました。

その中から、子供ががんばるものだけを続けさせるように
してきました。

習い事をやめさせるっていう決断も難しいですよね。
先生に申し訳なかったり、途中でやめさせてもこの子のためになるの?
とか、考えちゃいましたね。

でも、家計の中でバカにならない子供の習い事。

習い事をやめさせる決断も大切だったな~って思います。

そんなことからも、産後、今では仕事を早めに再開して
よかったと思っています。


>>面白くても面白くなくても(笑)クリックしてね!⇒ 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None