家計簿を付けるには、家計の内容の把握と
家計簿に付ける項目が大切ってお話し
をしました。

その項目だけど、初めて家計簿を付ける人にとっては
よく分からないかもしれませんね。

そこで、私が付けている家計簿の項目を例にしてみますね^^

そして、私がやっている家計簿の付け方もお話ししますね。
私がお勧めする家計簿の付け方です。

私はエクセルで計算できるようにしていますが、
ノートに表を作ったりして、手計算でも大丈夫ですよ^^



まず、収入です。

うちは共稼ぎなので、夫の収入、私の収入、そして雑収入です。
雑収入は、お祝いとかオークション収入とか?


そして、支出の項目です。


まずは、お財布から出るお金に関して項目を分けます。

食費
日用雑貨
レジャー費
交際費
医療費
犬にかかるお金
教育費
居住費
美容費
その他


これをレシートから週一とかでもいいので、項目ごとに
分けて使った金額合計
をだしておきますよ。



そして、次にお財布からではなく、通帳から支払うお金や
決まった金額(固定費)
で出て行くお金に関する項目です。


これは、ひと月の終わりに、記入していきます。
週一とかで付けていたお財布から出て行った合計を下の生活費のところ
転記します。


水道光熱費
衛生料
通信費
夫の小遣い
私の小遣い
COOP(食費)
COOP(その他)
保険
定期積立
ローン返済(これは、住宅ローンがあったときですが、今はありません)
その他
子供の習い事
固定資産
NHK受信料
生活費(これは、お財布から出ていった金額の合計をここに書きます)


この↑支出の合計を収入から引けば、ひとつきの残高が出ますね。



これらの項目は我が家で支出があるお金の項目になります。
あなたのお宅では、内容が違いますよね?

項目を考えてみるだけでも、どんなことに
お金を使っているのかわかってきます。

これを付けていくと、どこにお金を多く
使っているのかも把握できるようになります。
お金の流れが把握できるようになるんですね。


ひと月とりあえず付けてみて、支出の金額が分かったら
予算を決めていくとよいですね!


関連記事
スポンサーリンク