おととい、サバの塩焼きを食べていたら、魚の身を飲み込んだ瞬間、
「痛い!」 ってなりました。


魚の骨を骨を飲み込んだつもりはないのだけど、飲み込んだようです(泣)。

のどがすごい違和感で、吐き気がしてもどしたのですが
なんと!すごい鮮血でびっくりです!!

なにこれ~~!!

もしかして、私って重大な病気で、もう長くないの!?


ってひとり、思っちゃいましたね。


主人がびっくりして、市内の病院に電話するけど
先生が不在で、見てもらえず・・。

電話口で看護師さんがおっしゃるには、「骨がのどの粘膜を
傷つけて、出血することはあります。骨は自然と取れることが
多いので様子をみてください」
と、言われました。


様子をみること、1時間。


つばも飲み込めないくらい痛くて、しょうがなく、隣町の救急病院へ
1時間かけて行きましたとも!


かつて、10年ほど前に子供が骨をのどに引っ掛けて、市内にある唯一の
耳鼻咽喉科で簡単にとってもらったんですね。

でも、その耳鼻咽喉科の先生はご年配で、病院はなくなっております。

淋しいかな、田舎の病院事情。。



で、隣町の救急病院で、当直の泌尿器科の先生がまず見て下さったの
ですが、骨は見当たらず。

この泌尿器科の先生がものすごいイケメンで、かなり驚きました!
最近の病院の先生は、こんなにイケメンなのか?と、痛みのなか
そんなこと思ってました(笑)。


そして、耳鼻咽喉科の先生がたまたまいらっしゃるとのことで
見てもらったのですが、やはり魚の骨は見当たらず。

「のどの奥のほうが、少し赤いような気がします。
炎症を起こしてるのかもしれませんね。
でも、夜間は、内視鏡は使えないので、今日は帰ってください。」
(冷たい・・)


と、おっしゃったのは、頭のチョッペンが薄くなった40前後の
お医者さん。

あら、やっぱり、こういうお医者さんが普通よね。
さっきのイケメン医者はたまたま、あたりがよかったのね、

なんて、またまた痛みの中、思ってました。


魚の骨が刺さったら、ご飯粒を飲むと、取れるという昔からの風習
ですが、それ、やめたほうがいいそうです。



私は、すでにご飯粒を飲んでいたのですが、そうすると
かえって、魚の骨が深く刺さったり、今回みたいに傷を
つけたりということがあるそうですよ。


とりあえず、化膿止めの抗生物質と痛み止めをもらって帰りました。

夜間なので、かなり高いかな?と思ったのですが、そうでもなく
診察料とお薬で、2875円。


夜は痛みがひどくなって、痛み止めがなかなか効かず、
2個めを飲んだ朝の4時頃にやっと眠れて、翌日は
少しよくなってました。


次の日、痛みが和らいだら、病院に来なくてもいいと、
頭の薄いお医者さんに言われたので、行かないつもりだったんですね。

そしたら、主人が、病院に行っておくように、とうるさいので
行ってみました。

今度は、隣町の耳鼻咽喉科です。


そこで、内視鏡(今は、鼻の穴と喉にシュッシュッと麻酔をして
鼻の穴から入れます)を入れて見てもらいました。


痛がりの私ですが、まったく痛くないですよ。


そして、録画された自分の喉のおくから食道の入口まで見せられました。
(見たくないといったが、無理やり見せられました・・)


そしたら、食道の入り口がかなり赤くしてて、傷ついていました。
でも、魚の骨は、のどに刺さっていませんでした。

「これは痛そうですね~」と、女医さん。


というわけで、ジェネリック薬の抗生物質と痛み止め、のどの炎症を
抑える薬をいただきました。

次の日、痛みが続けば、食道も見る必要があるので、今度は
胃カメラ検査ですので、
来院してくださいと。
(痛みが引けば、魚の骨は、もう取れて胃腸の方にいったので安心です、とのこと。)


このときの診察料金は、2700円ほどで、
お薬代が660円
でした。


でも、今日は痛みもかなりひいたので、一安心です。

内視鏡で見せてもらったので、原因もはっきりしてよかったかな~と。
でないと、鮮血を吐いたのは、他の病気?という疑問も残ったので^^;


うちのダンナさんいわく、「もう2度と骨のある魚は買ってこない!」だって。


そう、サバは、ダンナさんが買ってきてくれたんですね~(苦笑)


これは、ダンナさんが、私のために、かぼちゃを柔らかくチンしたのかな?
で、スープを中に入れて作ってくれたものです。

魚の骨が喉に刺さった!


病気やケガすると、一人より二人がいいなって思いますね。
(いつもは、ひとりが楽だよね~って思ってる私です・・^^;)

関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ