夫源病」っていう聞きなれない言葉、知ってます?

以前、「たけしの家庭の医学」でも紹介されてましたよね。


主婦が、「更年期障害なのかも・・」って諦めていた体調不良は、夫の言動が原因だった、
なんてこと、増えてるみたいです。

更年期障害だけでも大変なのに、怖いですよね。


「夫源病」の症状は、頭痛やめまい、不眠、気持ちの落ち込みといった
まるで更年期障害の症状といわれているものにそっくり。


50代に差し掛かるころ、子育ても一段落し、虚脱感を覚えることが多いんですよね。

実際、私も、息子が一人暮らしを始めて、寂しかったり、気力がなくなったりという感じです。


最近は、長生きする男性も多いことで、主婦はいい妻を演じるのが大変なのかも?


ご主人が亡くなったお宅の奥様って、しばらくすると、元気に若々しくなる方が多いと思いません?

この前も、ご主人が半年ほど前に亡くなった近所のおばさんに会って思いました。
「自由になったんだろうな~、生き生きしているな~」って。


夫源病は、ストレスの原因となり得る夫とどう接していくかが大切。
一番いいのは、夫とじっくり話すなど、コミュニケーションを行い
夫との関係をよくすること。


まあ、私たち世代からは、友人を見てても、そんなに夫に気を使うってこと
ないと思うんですけどね?(笑)

でも、とにかく四六時中いっしょにいるとウザくなるんですよね。

わが家は、かなりの鈍感夫なもので・・(汗)。

この前も、夫と喧嘩したらストレス発散になりました(笑)


上手な距離感を、夫ともつってすごく大切なのかも?

妻もひとりで旅行に出かけるとか、気分転換に働きに出るのもいいですよね?

経済的に自分の収入があるって、自信にもなるし、夫に遠慮もしなくて
よくなる!


自分時間の確保って大事だと思うんです。

だから、私もときたま、友人と韓国に行ってみたり、
ヨーロッパに仕事で行ってみたりと
、思い切ったことやってます(笑)。


ちょっと離れてみると、夫の存在もありがたく思ったりできるし、
空港にお迎えに来てくれる人がいるって便利だな~とか、感謝の
気持ちも芽生えます!(笑)


40代50代、これからの人生、大いに楽しもうとバリバリな
私です。

ノンストップ夫源病! ならない自信、ぜひ、もちましょう!
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ