先日、高校の後輩がうちに来て愚痴ってました。

愚痴ってのが、家計が赤字だっていうんですね。

後輩は、パートに出てるんです。

赤字なら、「あんたがフルタイムで働けば?」って言ったんだけど
子供が小学校から帰ってくる時間には家にいたいから嫌なんですって。

家計が赤字って分かるってことは、家計簿付けてるんだ?って
聞くと、付けてないっていうのね。

お給料が振り込まれる、通帳残高の減り具合で、家計を把握しているそうです。。

じゃあ、まずは家計簿付けてみて!って私からの提案です。

後輩は、何度も家計簿を付けることにチャレンジしたけど
続かない
ってぼやきます。

よく聞くと、彼女は、パソコンをあまり使わない人なのに
パソコンソフトで家計簿つけようとしていたんですね。


確かに、パソコンのソフトとかエクセルで作った家計簿なら
集計が楽ちんですよね。

ちなみに私がエクセルで作って使っていた家計簿はこちら

でも、パソコンを日常頻繁に使わない人には、無理な話ですよね。
だって、家計簿を付けるためにパソコンを立ち上げるっていう行為が
面倒なわけですからね。

とにかく、食卓やキッチンなど、絶対に、一日のうち何回も
目に入る場所に家計簿ノートを置いておくよう
いっときました。

すぐ目に留まる、すぐ手に取れるところにあれば、気になったときに
先月の家計内容を見たり、前年と比べてみたりと、
過去を振り返ることもしやすいわけで、それって大事ですよね。


ノートタイプの家計簿も昔やったことあるけど継続が難しそう・・って
自信無さげにいうんで、市販の袋分けタイプの家計簿を勧めときました。

彼女って、外見から入るタイプなんで、(私なら、使用済みの
封筒でOKなわけですが・・)かわいい袋なんかを買えば続くのかな?って
思ったわけです。

こんなタイプね↓

かんたん!袋分け家計簿セット

ちなみに、彼女が昔使っていたという家計簿ノートは、金銭出納帳
タイプの家計簿です。
これって、何にいくら使ったのかもひとめで分かんないので
使わないほうが無難ですね。。

関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ