今日は、確定申告に行って来ました。

主人の会社の経理の手伝いをやっていて、
そのお給料は、会社で年末調整での申告です。

それに加えて、私の場合、副業やってるので
確定申告が必要なんですね。

以前は、白色申告していたのですが
ちょっとでも税金の負担が減るように青色申告に
しました。


青色申告にも、青色申告特別控除額が10万円のと65万円の控除があります。

65万円控除してもらうには、しっかりとした帳簿を作成して
おくことが条件です。

それが難しい人は、10万円の控除を選ぶと、ほぼ白色申告と
変わらないようです。


私は、青色の10万円控除では申告したことがないのですが
やってる人の話しを聞くと、簡単だといってましたよ。

私がやってる青色申告65万円控除の申告ですが、
会社の経理をやってるので、そんなに難しいことはなかったです。


といっても、去年、初めての青色申告の時は、
税務署からの依頼で無料で会計士さんが我が家まで来てくれて
指導してくれました。
(これは、税務署からのアンケートみたいなもので、私から
希望したものです)

私の場合、「加藤かんたん会計」という無料会計ソフトを使っています。
とても使いやすくて便利です。

ただ、総勘定元帳として、すべての科目をプリントアウトしておく必要があります。


派遣されてきた会計士さんがとても詳しく教えてくれたので、
去年の申告書の控えをもとに今年もやってみました。

今年は一人でやったのですが、きちんと申告書も作成できたようです。

今日は、地域の公民館で確定申告を市役所の税務課職員が
チェックしてくれて、受付をしてくれる日だったんです。

特別、申告書は間違いもなかったようで、無事に受け付けてもらいました^^

主人の会社の会計士さんが「私の方で申告しましょうか?」と
親切に?言ってくれるのですが、私は「いいえ、お願いするほどでもないので
自分でやります^^」といってお断りです。

だって、会計士さんに頼むと、おそらく・・

(会計士さんに支払う)手数料は、15000円はくだらないと思うからです。。
(恐ろしや~~)

自分で、確定申告書を作ることで、一年の決算を行い
営業の反省会も一人でできるわけです(笑)

それをバネに今年もがんばる・・はずですね^^;


私は、すでに40代後半になるわけですが、いくつになっても
勉強とチャレンジ精神を失くさずに生きていきたいです。


(あ、物欲もなくならないと思うケド・・)


まぁ、その根源はケチってことなんでしょうけどね(笑)


関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ