借金のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:借金

借金のカテゴリ記事一覧。ケチ母から受け継いだ節約術のおかげか住宅ローンなどの借金は30代で完済ずみ。老後資金も貯まったけど、更年期も加わって心はモヤモヤな日々。適当に気楽な生き方を練習中。
no-image

2013-05-07借金
「住宅ローンの借り換え」の特集を、今朝、とくダネ!でやってましたね。アベノミクス効果?で、景気がよくなり、これからローン金利もあがるんじゃない?ってこともあって住宅ローンの切り替えや借り換えをする人も増えているようです。でも、住宅ローンの借り換えをするとどうお得なの?ってことで、とくダネ!では、借り換えた際のシュミレーションやってましたよ。☆↓↓住宅ローンの借り換えに興味ある方はクリック!...

記事を読む

no-image

2012-09-16借金
あなたは、銀行が好きですか?私は嫌いです。というのも、小規模会社の経理として、何十年も銀行とお付き合いし、銀行のことをよく知っているから。まあ、嫌いといっても、銀行職員にもよりけりなんでしょうけどね。銀行というと、なんだか立派で国民にいかにも貢献してるってイメージだったんですよね。若い頃は・・。今では、自社の利益のためにしか動いていないって印象です。株式会社だから、当たり前って言えばそれまでなんで...

記事を読む

no-image

2011-06-23借金
私は人にお金を貸すことをしませんがあなたはどうですか?私の母親はしょっちゅう友人にお金を貸しては「返してくれない・・」と愚痴っています。でも、しつこく返済を要求するようでけっこう返してもらっているようです。(でも、全額ではなかったり・・)借金の請求なんて、私にはできないのでできないことはしない、という考えです。ところで、今日の「ひるおび!」では、知人からの借金について、といった内容がありましたね。...

記事を読む

住宅ローンの借り換えって本当に得なの?(とくダネ!でのシュミレーション)

  •  投稿日:2013-05-07
  •  カテゴリ:借金
「住宅ローンの借り換え」の特集を、今朝、とくダネ!で
やってましたね。

アベノミクス効果?で、景気がよくなり、これから
ローン金利もあがるんじゃない?ってこともあって
住宅ローンの切り替えや借り換えをする人も
増えているようです。

でも、住宅ローンの借り換えをするとどうお得なの?
ってことで、とくダネ!では、借り換えた際の
シュミレーション
やってましたよ。


☆↓↓住宅ローンの借り換えに興味ある方はクリック!
人気ブログランキングへ

» 記事の続きを読む

スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ

銀行とお付き合いしない理由

  •  投稿日:2012-09-16
  •  カテゴリ:借金
あなたは、銀行が好きですか?

私は嫌いです。

というのも、小規模会社の経理として、何十年も銀行と
お付き合いし、銀行のことをよく知っているから。


まあ、嫌いといっても、銀行職員にもよりけりなんでしょうけどね。

銀行というと、なんだか立派で国民にいかにも貢献してるって
イメージだったんですよね。

若い頃は・・。


今では、自社の利益のためにしか動いていないって
印象です。
株式会社だから、当たり前って言えばそれまでなんでしょうが
「あなたのためにやってます」みたいな良い人ぶってるところが嫌。


昔、まだ姉が会社経営をしていたころ、銀行とのお付き合いでの経費は
けっこうなものがありました。

というのも、銀行が決算の時に、お金を借りて、それを1週間定期
とかにするんです。

定期預金で受取利息はつくものの、それは微々たる金額で、借入利息は
借入額が数千万なので、けっこうなもの。


その借入利息は、もちろんわが社の手出しというわけです。


姉に習って経理を始めた頃は、銀行とのお付き合いって必要なんだ。
これは必要経費なんだ、って思ってたんですね。

こういったお付き合いをしているにも関わらず、銀行から借入する
ときは、「本社決済がおりないから」とか言って、金利も特別安くなく
保証人もたっぷり付けさせる、といった感じでした。

いただけるのは、たくさんの粗品と、くだらないお世辞。

あと、「お付き合いをしてくださいよ」といって、銀行がもってくる
保険や個人年金、といったものにも、よく入っていました。

入っていた個人年金の保険会社、潰れましたけど、
銀行は関係なしですものね。



そういった銀行とのお付き合いに、なんとなく違和感を感じていた私。

姉が退いて、私が経理をするようになってからは、
いっさいそういったお付き合いをするのをやめたんです。


銀行とのお付き合いをしなくても済むよう、無借金経営を目指し
今では、完全に自己資本のみでの運営ができています。

決算内容を知っている銀行は、借りる必要のないうちの会社に
「お金借りてくださいよ」って今でもいってきます。


お金を借りる人や会社が少ないと、銀行は愚痴っています。

それって、お金を貸して欲しい人に貸さないからでしょ?
というと、「回収が難しそうなところはちょっとね・・」といった具合。


彼らもサラリーマン、成績とかあるんでしょうが、これからも
お付き合いしなくていいようにしたいものです。

スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ

友人にお金を貸したけど、返してもらえません・・・(ひるおび!)

  •  投稿日:2011-06-23
  •  カテゴリ:借金
私は人にお金を貸すことをしませんが
あなたはどうですか?

私の母親はしょっちゅう友人にお金を貸しては
「返してくれない・・」と愚痴っています。

でも、しつこく返済を要求するようで
けっこう返してもらっているようです。
(でも、全額ではなかったり・・)

借金の請求なんて、私にはできないので
できないことはしない、という考えです。


ところで、今日の「ひるおび!」では、知人からの
借金について
、といった内容がありましたね。

街頭でのアンケートでも、みなさんけっこう友人に
お金を貸していて、返してもらっていない方が
いるのに驚きました。。


さて、個人がお金を貸した場合の時効ですが、
10年で時効
になるそうです。

ただし、10年以内に新しい借用書を書いてもらう、
少額でも返済してもらうと、その日からまた10年先が
時効となります。

飲み屋さんでの「つけ」の時効は1年だそうですから、
飲み屋さんってなんだか大変ですね。。


また、個人がお金を貸す場合に貸付利息を請求しても
よいのか?
という質問があって、

回答は貸付利息をつけてもよい、といったものでした。


法的に、

10万円未満の借金は、年20%以下
10万円~100万未満の場合は 年18%以下
100万円以上の場合は、 年15%以下

と法律で決められています。

これに沿えば、友人にお金を貸す場合にも
貸付利息を請求できるんですね。

返済期限を過ぎれば、さらに年5%の延滞利息を
つけることができるそうです。


知らないことがいっぱいで勉強にはなりましたが
私は無借金で生きていきたいし、借金の取立てとか
できそうにないので、これから先もお金を貸すと
いうことはしないつもりですけどね。

スポンサーリンク
 カテゴリ
Copyright © 40代からの節約術~老後も豊かに暮らす貯め方使い方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます