私は人にお金を貸すことをしませんが
あなたはどうですか?

私の母親はしょっちゅう友人にお金を貸しては
「返してくれない・・」と愚痴っています。

でも、しつこく返済を要求するようで
けっこう返してもらっているようです。
(でも、全額ではなかったり・・)

借金の請求なんて、私にはできないので
できないことはしない、という考えです。


ところで、今日の「ひるおび!」では、知人からの
借金について
、といった内容がありましたね。

街頭でのアンケートでも、みなさんけっこう友人に
お金を貸していて、返してもらっていない方が
いるのに驚きました。。


さて、個人がお金を貸した場合の時効ですが、
10年で時効
になるそうです。

ただし、10年以内に新しい借用書を書いてもらう、
少額でも返済してもらうと、その日からまた10年先が
時効となります。

飲み屋さんでの「つけ」の時効は1年だそうですから、
飲み屋さんってなんだか大変ですね。。


また、個人がお金を貸す場合に貸付利息を請求しても
よいのか?
という質問があって、

回答は貸付利息をつけてもよい、といったものでした。


法的に、

10万円未満の借金は、年20%以下
10万円~100万未満の場合は 年18%以下
100万円以上の場合は、 年15%以下

と法律で決められています。

これに沿えば、友人にお金を貸す場合にも
貸付利息を請求できるんですね。

返済期限を過ぎれば、さらに年5%の延滞利息を
つけることができるそうです。


知らないことがいっぱいで勉強にはなりましたが
私は無借金で生きていきたいし、借金の取立てとか
できそうにないので、これから先もお金を貸すと
いうことはしないつもりですけどね。

スポンサーリンク
 カテゴリ